アロマバスで心も身体をもっとリフレッシュ

シェアする

日常生活で気軽に出来るアロマテラピーの方法の1つとして入浴があります。

入浴の効果と精油の香りにより普段の入浴がより一層楽しく感じられ、心身の健康や美容にも相乗効果が期待できます。

また入浴だけでなく、もっと手軽に行える方法として部分浴もあります。

62b84a9ff9513c663a4f49afecab455b_s

アロマバスのいろいろ(沐浴法)

全身浴半身浴 部分浴をする時に、精油を使用してアロマテラピーを楽しむことができます。

湯気と一緒に鼻からの吸入と皮膚からの浸透により、精油成分を体に取り込むことができます。

沐浴による温熱や水圧などの作用に精油の作用もプラスされ、相乗効果が期待できます。

精油は水に溶けにくいため、天然塩、重曹、植物油、はちみつ、アルコールなどをベースにして精油を混ぜて使用するのがおすすめです。

ベースにする材料も、保湿や保温など色々な作用があるので、目的に応じて使い分けるのも楽しいです。

それでは全身浴と部分浴それぞれの目的や特徴をご紹介します。

①全身浴

ふろ

ごく一般的の入力の方法です。
精油の香りをプラスしてゆったりと心と体を癒しませんか?
精油は1~5滴ほどを目安とします。
家族も入浴する場合には、家族の年齢や状態により使用できない精油もあるので注意が必要です。

②半身浴

38度程度のぬるめの湯でみぞおちくらいまで(胸下)浸かる方法です。
全身浴と比べると心臓への負担が少ない沐浴方法です。

20~30分とやや長めに入り体の芯から温めることにより、冷え性の緩和や代謝を活発にするのに役立ちます。
精油は1~4滴が目安です。

冬場など肩が冷えやすいので、 乾いたタオルを肩にかけて保温すると良いです。

③座浴

大きめの洗面器やタライなどに湯を入れて、お尻を10~15分程度浸ける方法です。

便秘や生理痛、膀胱炎など下半身の不調を和らげます。
また、全身が温まるので冷え性の改善にも役立ちます。
精油は1~3滴が目安です。

④足浴

全身浴と同じくらい体が温まるので、風邪などで入浴が難しいという場合にも役立ちます。

代謝や循環を良くして、老廃物の排泄も促されます。
疲れた時にちょっと洗面器やバケツに湯を入れて、足を浸けるだけでほっとリラックスできるでしょう。

また、足の皮膚のケアにも役立ちます。

お湯の温度は40から43度くらいとやや熱めで、精油は1~4 滴が目安です。

個人的にはバケツの方が足を深く湯に浸けることができるので気持ちが良いと思います。

⑤手浴

手先から手首までを湯に浸ける方法で、一番手軽な沐浴法です。

洗面器に40度前後のやや熱めの湯を入れ、精油は1~3滴を目安とします。
ハンドケアや手の疲れ、肩こり、 頭痛の緩和にも役立ちます。

またちょっと不眠がちの時や気分をリフレッシュしたい時にもおすすめです。

洗面器

⑥腕浴

大きめの洗面器に40度前後のやや熱い湯を入れて、腕から肘にかけて浸けます。

腕から肩、背中までも良く温まり、目の疲れや肩こりにも役立ちます。

また、風邪で喉が痛い時などもおすすめです。肘にあるツボを刺激することにより、痛みの緩和に役立ちます。
精油は1~3滴を目安とします。

シャワー浴の際にも浴室の隅に精油を1~2滴落として シャワーをすれば、湯気と一緒に精油の香りが立ち上ぼり、アロマテラピーを楽しむことができます。

いつもとはちょっと違った気分でシャワー浴を楽しむことができると思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

毎日が劇的に楽しくなる方法がわかる無料メールマガジン
毎日が劇的に楽しくなる方法がわかる無料メールマガジン
うつ病の家族との適切な関わり方がわかり、 安心して過ごせるようになる 10日間の無料メールレッスン
うつ病の家族との適切な関わり方がわかり、 安心して過ごせるようになる 10日間の無料メールレッスン
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告