日常生活に自然な形でアロマテラピーを取り入れる

シェアする

家は寛げる場所であるべきですが、いざ家に帰ってリラックスしようとしても、家事や仕事など追われていたり、気になることがあって頭から離れなかったりとなかなかくつろぐのが難しい場合があると思います。

そんな時は精油香りによりリラックスしやすい環境を作ること効果的です。

アロマテラピーと聞くとなんだかたいそうな感じで、ゆとりのある時じゃないと出来ないと感じる人も多いかもしれません。

ですが忙しい時、やることや気になることがいっぱいあってストレスが多い時こそ、アロマテラピーを生活に取り入れてみてほしいなと思うのです。

精油の香りには、リラックスさせてくれるだけではなく、頭をスッキリとさせて集中力を高めてくれたり、気分をリフレッシュさせてくれる作用を持つものなどもあります。

これらの精油を状況によって使い分けることで、家事や仕事がサクサクと進められたり、疲れていても休憩が取れない時など、香りの力でさっとリフレッシュできたりすると、しなければならない用事も能率的にこなしていけるようになるのではないでしょうか。

毎日の生活を快適にスムーズにしていけるようアロマテラピーを役立ててみてほしいと思います。

アロマテラピーをご家庭でするためには、色々工夫をすることができます。

アロマテラピーのために時間を割くことが出来ないといいうのであれば、日常行っていることの中に組み込むのがおすすめです。

一番良いのは入浴時の活用です。
入浴による温浴効果もありリラックスしやすい状態ですから、ついでにさっと精油を混ぜたバスオイルやバスソルトを用意して、湯船に浸かれば香りを楽しめるだけではなく、精油のさまざまな作用により疲労回復や安眠、冷え性改善など入浴の効果をよりいっそう高めてくれます。

また、洗濯をするときに、仕上げにアロマスプレーを吹きかけてみたり、精油を染み込ませた重曹をじゅうたんに撒いておくと除菌やデオドラント効果が期待できます。
その後の重曹の処理として掃除機に吸わせることで、精油の香りを拡散げることもできます。

体調が悪い時には、ラベンダーなどのエッセンシャルオイルをつかって湿布や温めたタオルを体に当てるという方法もあります。

アロマスプレーは休日の時間がある時などに、用途別にいくつかまとめて作っておけばある程度保存が可能なので、使いたい時にさっとスプレーするだけでアロマテラピーができます。

ちょっと窓を拭く時や、マスクにひと吹きしたり、室内にスプレーしたりとても手軽にアロマテラピーが楽しめます。
アロマスプレーも一度覚えたら作るのもとても簡単です。

アロマテラピーもいろいろな方法がありますが、ティッシュに1滴落として香りを楽しんだり、その余裕さえもなければ精油の瓶から直接香りを嗅いでいるという人もいます。

精油の取り扱い、作用、使用量などの注意点は守る必要がありますが、慣れてくると自分にあった方法でいくらでもアレンジしてアロマテラピーを楽しむことができると思います。

自然の植物のもつ力をちょっと借りてみませんか?

このサイトでは楽しくて簡単で役立つ精油の活用法をいろいろと御紹介していきますね!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

毎日が劇的に楽しくなる方法がわかる無料メールマガジン
毎日が劇的に楽しくなる方法がわかる無料メールマガジン
うつ病の家族との適切な関わり方がわかり、 安心して過ごせるようになる 10日間の無料メールレッスン
うつ病の家族との適切な関わり方がわかり、 安心して過ごせるようになる 10日間の無料メールレッスン
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告