専用器具を使ってちょっと本格的に芳香浴

シェアする

身近な道具を使ってアロマテラピーはできますが、少し慣れてきたら専用器具でアロマテラピーを楽しんでみてはいかがでしょうか。

この記事では芳香浴で使う、あると便利な専用器具をいくつかご紹介したいと思います。

① アロマディフューザー

アロマ芳香浴 (3)

精油の微粒子を空気中に拡散させる器具です。
圧縮空気式のものや超音波方式のものなどがあります。
圧縮空気式は器具にポンプが内蔵されていて、圧縮空気を送り出して精油を微粒子にして拡散させます。
精油本来の香りが楽しめて、比較的香りも強く感じられるのが特徴です。

超音波方式は超音波の振動により水と共に精油を霧にして放出して拡散させます。
雑貨屋さんなどでよく見かけるのは超音波方式の方が多いのかなと思います。
ライトがさまざまな綺麗な色に変わったり、タイマーがついているものもあるので就寝時にも安心して使えます。

最近はお手入れがとても楽な器具も色々と販売されているので、 じっくりと選んで御自分に合うものを使用されると良いと思います。

②アロマライト

アロマ芳香浴 (4)

器具の上に小さなお皿がついていて、そこへ精油を1~5滴入れて使用します。
電球の熱により精油が温まり、ほのかに香りが拡がります。
どちらかというと狭いお部屋での使用が向いていると思います。
優しいオレンジのライトと香りで癒されます。

私はいつも使用する机の上にアロマライトを置いて香りを楽しんでいます。

コードがついているものとついていないものがありますので使用する場所により使い分けても良いかと思います。

火を使わないので就寝時も安心して使えます。
お皿をアルコールでさっと拭き取れば簡単に別の精油を入れられるので、状況や目的に応じて使う精油を色々と変えて楽しんでいます。手軽で便利なので 私はよく使用しています。

③ アロマポット

アロマ芳香浴 (5)

キャンドルの熱で精油の香りを拡散させる器具です。
熱すると精油成分がより多く拡散されるようになるので芳香浴には一番良いのかもしれません。
上皿に水を入れてそこへ精油を1~5 滴落として使用します。
火の取り扱いには十分注意が必要です。
以前はよく私もアロマポットを使いましたが、香りは一番良く拡がるのではないかと思います。
水分がない状態で空炊きしてしまい器具を焦がしてしまったことがあるので最近は使用していませんが、キャンドルの炎を見つめているととてもリラックスします。

④ その他の器具

・アロマファン

専用の小さなマットに精油を落としてセットし、扇風機のようなファンの風で精油を拡散させます。

・アロマテラピー機能付きの加湿器

風邪の季節など、加湿しながら精油の抗菌・抗ウィルス作用で空気清浄にも役立ちます。

・車用芳香器

シガーライターソケットに差し込んで使用できる車用の芳香器があります。
リラックス作用がある精油は運転中に使うには少々注意が必要かもしれませんが、逆に頭をスッキリさせるペパーミントなどは活用しやすいと思います。

専用器具は器具そのもののお手入れが必要なので少々面倒なところはありますが、香りの拡散以外にもさまざまな役立つ機能やリラクゼーション効果をアップしてくれるライトの機能がついるものもあり、アロマテラピーをより楽しませてくれることと思います。

私は部屋ではほとんどアロマライトをつけて香りを楽しんでいます。

朝活の時間にはレモンやペパーミントでスッキリ頭がクリアになるような精油を使用したり、 夜寝る前のゆったりとした時間はリラックス作用のあるマジョラムやラベンダーなどを愛用しています。

目的に応じて精油をいろいろ選んでみると面白いと思いますよ☆

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

毎日が劇的に楽しくなる方法がわかる無料メールマガジン
毎日が劇的に楽しくなる方法がわかる無料メールマガジン
うつ病の家族との適切な関わり方がわかり、 安心して過ごせるようになる 10日間の無料メールレッスン
うつ病の家族との適切な関わり方がわかり、 安心して過ごせるようになる 10日間の無料メールレッスン
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告