「したいけどできない」の心理とは?隠された本心に気付くと人は変わり出す!

シェアする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

  「したいけどできない」に隠された2つの本心

・会社を辞めたいけど辞められない

・結婚したいけどできない

・したいことがあるけど時間がないからできない

・いつか行きたいと思ってはいるんだけどなかなかねぇ・・・

・ダイエットしたいけどできない

・就職活動したいけどできない

・起業したいけどできない

・お金がないからできない

というように、「したいけどできない」という話よく耳にしませんか?

でも「したいけどできない」には、「できない」んじゃなくて「したくない」という本心が隠れている場合があります☆

全てじゃないですヨ☆

でもそういう場合があるということです。

その本心に気付いていないうちは、ブレーキがしっかり働いているので「したい」と思っていることを叶えていくことはありません。

「したくない」というのには、2パターンあるかと思います。

1つは本当に「したくない」「望んでいない」。

そしてもう1つは「したいのは本当だけど正直恐い」という未知の世界への恐怖です。

本当は望んでいないからしたくない

自分の中の思い込みにより「したい」と表面的には思っているけど、本心では「したくない」と思っているとなかなか行動に移せないんですね。

本当はしたくないのですから・・・

自分の中の思い込みにより「したい」と思っていることというのは、例えば周りの人たちの意見だとか、世間一般の流れだとか、損得などにより「こうであるべだ」「こうした方が幸せなはずだ」と思い込んで、「自分のしたいこと」と勘違いしていることなどです。

つまり本心では望んでいない偽りの「したいこと」です。

自分の価値観や魂に沿わない偽りの望みなんですね。

ちなみに、本当にしたいことを見つけたいあなたにはこちらの記事もおすすめです↓↓

やりたいことが全くないと言い切るあなたでもやりたいことが見つかる方法

人生が変わる?!心が満たされる天職の見つけ方

望んでいるけどしたくない

また、「今の状態から抜け出したい」「変わりたい」「叶えたい」という想いは本当にあったとしても、それ以上に今のままでいることに何らかのメリットを感じている場合には、やらない選択を無意識にしている場合もあるのです。

どういうことかと言うと、

本当の夢や望みなどはイメージするとらわくわくしたり、良いなぁ~と憧れたりするかもしれませんが、実際には未知の世界だし、行動を起こして成功するかどうかの補償はありません。

それに自分が何かこれまでとは違う行動を起こせば周りの人はどんな風に思うだろうとか、人の評価が気になって動けない場合もあります。

大きな夢や望みを叶える時にはある種の「覚悟」が必要になるものです。

自分を信頼して前に進んでいく勇気がいります。

ですから結構めんどくさい気がするのです(^^;)

なので、とりあえず現状に何らかの不満はありながらも、今のままの方が「無難」なので行動に移せないという状況になります。

でも本人は気付いていない場合も多いので悶々とします。

自分の行動を制限しているのは自分自身?!

私は、以前「もっと心穏やかに自由に働きたい」というような想いを持っていました。

でもその時していた仕事を実際に辞めようとはなかなかしませんでした。

毎日様々なしんどさを感じながらもずっと変わらない日常を過ごし続けていたのです。

その心の裏には、「心穏やかに自由に働くことに夢は抱いているけれど、実行するのは恐い」というのがあったからです。

もちろんそれ以外に、仕事をそのまま続けたい理由もありました。

しんどいながらも得られる小さな幸せやメリットも感じていたからです。

でも仕事を辞めて大きな行動を起こせば、成功しないだけでなくこれまで得られていた小さな幸せや現在の地位、立場までも失くしてしまうかもしれません。

チャレンジして失敗したら恥ずかしいし、現状はしんどいながらも安定はしている・・・。

それに一度やり出したら後には引けないし、エネルギーを絞り出して努力する気力はない・・・。

今既にあるものも全部失うかもしれない・・・

この想いが、当時の私の「したいけどできない」に隠された本音です(^^;)

けれども、

・チャレンジして失敗したら恥ずかしいし、現状はしんどいながらも安定はしている

・一度やり出したら後には引けないし、エネルギーを絞り出して努力する気力はない

・今既にあるものも失うかもしれない

というのは私の思い込みです。

ここに事実は存在しません。

チャレンジしたら失敗すると決めてしまっているし、失敗したら恥ずかしいことと思い込んでいます。

一度やり出したら後には引けないというのも、そんなことはありませんよね(^^)

今既にあるものは形を変えて、あるいはもっといい形に変化して活かされていく可能性だってあるわけです。

つまり、自分の行動を制限しているのは環境や状況もあるかもしれないけれど、一番の理由は自分自身なのですね。

そんな自分の本心に気付くことができると、もっと心が自由になり行動が変わります(^^)

もちろん、「したいのにできない」という状況を変えないといけないわけではなくて、全部自分で決めて良いと思っています。

本当にしたいことを実行していくタイミングというのもあります。

ですが、「したいのにできない」という状況を何とかしたいと感じている場合には以下のことに注目してみて下さい☆

・そのことを本心からしたいと思っているのか

・しないことに実は何かメリットを感じてはいないか

・そのメリットは思い込みなのか事実なのか

ここに気付けると、現状のままでいることの「執着」が手放され、意識と行動が変わり、何らかの形で現実が動き出すはずです☆

良かったら参考にしてみて下さい^^

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事を読んだあなたにおすすめの記事↓↓

夢を叶える最強ツール!宝地図の効果を最大に高めるコツのコツ

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

毎日が劇的に楽しくなる方法がわかる無料メールマガジン
毎日が劇的に楽しくなる方法がわかる無料メールマガジン
うつ病の家族との適切な関わり方がわかり、 安心して過ごせるようになる 10日間の無料メールレッスン
うつ病の家族との適切な関わり方がわかり、 安心して過ごせるようになる 10日間の無料メールレッスン
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告