風邪の引き始めに効果抜群の対処法とは?

シェアする

こんにちは!YUMEです(^^)

今日は風邪の引き始めに効果抜群の対処法についてのお話しです。

できれば風邪を予防するのが一番です。

でもいつの間にか風邪を引いてしまっていることはありますよね。

でも、風邪の引き始めの段階で上手く対処できればその後の経過がかなり楽になります。

風邪の引き始めに、保温と水分補給と休息が重要であることはよく言われていますよね。

本来体には、ウイルスや細菌を排除する機能がきちんと備わっています。免疫力ですね。

けれども、体の疲れや精神的ストレス、忙しさから生活の乱れがあったりすると免疫力はたちまち低下します。

免疫力が低下してしまうとウイルスや細菌をスムーズに排除できず、風邪を引きやすくなったり長引いてしまったりします。

082243

それでは、風邪の引き始めに具体的にどんな対処方法がおすすめなのかお話ししますね(^^)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

体を温めて免疫力を高める

風邪の予防でも重要ですが、風邪の引き始めは特に意識して体を温めて過ごすと良いです。

体が冷えていると免疫力が下がります。

なので体を温めて、体の免疫機能が上手く働きやすいようにしていくことがとっても大切☆

風邪の予防や引き始めには首回りを効果的に温めよう

温める方法はいろいろとありますが、風邪の引き始めは特に首回りを温かくしておくのが効果的です(^^)

首には太い血管があるので、ここを温めると体全体が温まりやすいんです。

マフラーやストールは手軽に首回りを温める方法ですね。

マフラーも巻き方一つで温まり方が全然違います。いろいろ試してみましたが、ワンループ巻きが一番温かいです☆

こちらのサイトがとても参考になりました↓↓

★マフラー 1番温かい巻き方はワンループ巻き「この差って何ですか?」 

KIMG0738

↑こちらのマフラーはしまむらの福袋に入っていました♪ワンループ巻にすると首回りが8重になってすごく温かいです(^^)

それと、ホッカイロでツボを温めるのもおすすめです。

首を前に傾けて首の後ろを手で辿るとポコッと骨が出ていますよね。その骨の下辺りに風邪の予防や風邪の引き始めにとっても効果的な風門というツボがあるんです。

この風門の辺り、私は冷えていることが多かったので無意識にさすったりほっとタオルで温めたりしていましたが、温めるとすごく気持ち良いですよ~

但し、温める時は熱すぎてやけどしないように十分注意して下さい(^-^;

また、背中の肩甲骨の下辺りをタオルで背中を洗う感じで擦ってみると、一気に体がぽかぽかします。

外出時に体を温めたいなら、両手の平を合わせて10秒ほど擦るのも良いですね。

この時、呼吸に意識をして一気に擦ります。

私は、結構よく風邪を引く方でした。そして一度風邪を引くととにかく長い・・・

仕事はなかなか休めないし、でも看護師なので患者さんにうつすことになってしまったら大変なので、結構苦労しました(*_*;

けれども、首回りを温かくしておくことを意識して過ごすと、風邪を引いたり症状が悪化することが随分減ったように感じます。

風邪の引き始めには水分補給も忘れずに!

風邪の時は発熱や嘔吐や下痢などの症状を伴うこともありますよね。

すると体内の水分が失われるので、こまめに少しずつ水分補給することが大切です。

その他、痰をやわらかくしてスムーズに出しやすくする為にも水分補給が大切です。

風邪の引き始めには上記のような症状がない場合も多いですが、それでも水分補給はとっても大事なのです。

というのは、人の体の大部分は水分だからです。

酸素や栄養を運んだり、代謝したり、老廃物を曽外へ出したりするのも水分が少ないとスムーズにはできません。

また、ウイルスや細菌を排除するための気道粘膜の機能も体の水分量が影響します。

体の機能をスムーズに働かせる為に、水分補給はとっても大切なんです。

でもせっかくなら風邪に効果的な飲み物と飲み方を知っていると良いですよね。

風邪の引き始めにおすすめの飲み物は?

風邪の引き始めにおすすめの飲み物その1は生姜はちみつ湯です(^^)

市販でも手軽に飲める生姜湯があります。

市販の生姜湯などでもももちろん良いですが、時には自分で生の生姜を使って飲むのもなかなか良いものですよ♪

生姜はすって熱湯を加えてはちみつで飲みやすくするのも良いですが、薄く切った生姜をはちみつに1週間程度浸けたものをお湯で割って飲むのがおすすめです(^^)

0a8e9f57c92b72fd7c93895c5cc0d2bb_s

しょうがの辛味成分ジンゲロンが、体を温めてくれます。

お料理にも使えますから冬場常備しておくと便利です。

とってもぽかぽか体が温まりますよ。

おすすめその2は温めたスポーツドリンク

ポカリスエットなどのスポーツドリンクは、体液に近い成分になっており吸収が良いです。

少し温めて飲むことで体も温まり血流も良くなるので、細菌やウイルスと戦ってくれる白血球が体をめぐりやすくなります(*‘∀‘)

もちろん白湯も良いです。

朝起きた時は特に体が最も冷えています。

内臓も冷えているので、起きたら口をすすいで白湯を少しづつすすり飲むことを習慣にすると良いです。

じわ~と体が温まってスムーズに負担が少なく体が機能し始めますよ。

私は魔法瓶に白湯を入れて持ち歩いています。

イベントの時などは必ずリラックマの魔法瓶を持ち歩いています♪

それを少しづつ飲むと体がとても温まって助かっています。

私は、ついでにその白湯にレイキもかけているので、まさに魔法の飲み物みたいです(^^)

風邪の引き始めは無理せず休養の時間を

風邪の引き始めに意識してみてほしいこと、それは無理していないかということです。

ちょっと無理し過ぎていたり、生活リズムの乱れやストレスがたまっていたりすると体の働きは落ちます。

休養と言うと昼寝する人もいますが、睡眠リズムを崩さないためにも昼寝はできれば避けた方がベターです。

でも15分から30分以内の仮眠ならおすすめです。
通常体は免疫機能があるので、ウイルスや細菌に触れたからといって必ず風邪を引くわけではありません。
ですから、ちょっと風邪気味かなということは、ちょっと生活を見直してみた方が良いかもよ、という体からのサインとも言えます。

もしかしたら無理をしすぎているかもしれないし、食事や睡眠などの生活リズムが不規則になっているかもしれません。
また精神的なストレスなどが あるのかもしれません。

ストレスは、はっきりと自覚していることばかりではないのです。

実は自分でも意識していない部分にストレスを感じていることも多々あります。

なので体を温めたり水分補給をしたりということだけではなく 、生活全体を少し見直してみることも大切になります。

風邪の引き始めの頃はできればお薬は使わない方がいいでしょう。

発熱や喉の痛みなどつらい症状はいろいろありますが、体の中が戦ってくれている状態なので、薬でそれを抑えるのはあまりおすすめではありません。
けれどもものすごく辛い状態を我慢して、何がなんでも自然療法で何とかしようとする必要はありません。
症状を我慢して生活に支障をきたせば 余計回復は遅れますし、症状が悪化してそのまま 適切な治療を受けることなく過ごしていれば 重大な状態になることもあります。

まとめ

この記事では、風邪の引き始めに特におすすめの対処法を書きました。

体を温めることも水分補給もとっても効果的な風邪対策です。


でも体を温めることも、水分を補給することも、 風邪を治す直接の方法ではありません。
どの方法も目的は体の機能がうまく働けるように助けるということ。
まず目を向けたいのが、風邪を引くということは自然治癒力がうまく働かないような状況に今あるということです。
体は何を伝えようとしているのだろう。
そこに意識を向けて生活や心身の状態を見直してケアしていくだけで、回復の仕方は随分変わりますよ(^^)

読んでいただきありがとうございます☆

★和歌山県橋本市自然体で楽~に過ごせるアロマサロンYUMEAROMA

★自分の心と体のメッセージを大事にして、元気で幸せに生きるコツや夢を叶える方法が分かるYUMEAROMAのメールマガジンはこちら

kimg0696-2

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

毎日が劇的に楽しくなる方法がわかる無料メールマガジン
毎日が劇的に楽しくなる方法がわかる無料メールマガジン
うつ病の家族との適切な関わり方がわかり、 安心して過ごせるようになる 10日間の無料メールレッスン
うつ病の家族との適切な関わり方がわかり、 安心して過ごせるようになる 10日間の無料メールレッスン
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告