心をスッと軽くする傾聴力とは?シンプルだけど効果抜群の心のケア

シェアする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

心のケアに効果抜群な傾聴とは?

あなたは傾聴って御存知ですか?

傾聴とは話を聴くことですが、ただ話を聴くのではありません。

決して聴く側の価値観を押し付けることはなく、アドバイスもせず、あくまで感情に焦点を当て、心に寄り添い話を聴くというのが傾聴です。

傾聴はシンプルだけれど奥が深くて、人の心を軽くするのに効果抜群な心のケアの方法の1つなのです(^^)

気心知れた友人などと話しをしていて自分の気持ちを理解してもらえた時に、ふっと心が軽くなった経験がある人も多いかと思いのではないでしょうか。

特に女性の方が、人に話を聴いてもらってスッキリした経験のある人は多いかもしれないですね(^^)

人に話を聴いてもらうというのは実は本当に効果的な方法で、看護のケアとしても「傾聴」ってとても大事なケアの1つなんですよね。

カウンセリングの基本も、まず話を聴くことです。

人に話を聴いてもらうと心の中にあるモヤモヤを言語化して表現するので、その過程で心の中が整理されます☆

そして、話をしていくうちに自分で自覚している感情以外にも、無意識に押し込めていた感情が顔を出すこともあります。

話すうちにいろいろな感情が出てきて涙が出たり苦しくなることもあるかもしれません。

ですが、その感情の存在を自分自身で認める事が出来た時その感情は手放すことができ、心が軽くなっていることに気付くと思います。

これはカタルシス(心の浄化)効果です。

394363

この記事では、シンプルだけれど奥が深くて心のケアに効果抜群の傾聴力を高める方法について具体的にお話ししたいと思います☆

傾聴ボランティアって知ってますか?

以前、とある傾聴ボランティアの定例会を見学させていただきました(^^)

傾聴ボランティアとは、独り暮らしの高齢の人や、施設、介護をしている人などのお住まいに出向いて、相手の気持ちに寄り添ってお話を聴くボランティアです。

でも実践するとなると案外難しいもので、話す側の人は「話を聴いてもらったのはいいけれどなんだかかえってモヤモヤする」という結果になることがあります。

読んで下さっているあなたももしかしたら、人に話を聴いてもっらって余計しんどくなったというようなご経験あるかもしれないですね(^_^;)

私も看護記録に安易に「傾聴」などと書いていましたが、定例会の講座を聴きながらあらためて振り返ってみると、あれは全然傾聴ではなかったなぁ・・・と思う場面が多々ありました。

でも、きちんと傾聴のことを理解して毎日の生活の中でも少し取り入れてみると、身近な人間関係もとても円滑になります。

もちろん状況や内容によってはアドバイス必要な場面もあるかもしれません。

また、日常生活でいつもいつも傾聴というわけにはいきません。

ですが、誰かが何かに悩んで辛い気持ちを話してくれた時に、ただ話を聴くだけではなくて傾聴のスキルを少し取り入れてみるだけで、ものすごく楽になれる可能性があります(^^)

もしご興味があれば、地域の傾聴ボランティア団体を探して見学させてもらってみてはいかがでしょうか?

525472

傾聴の力ってすごい!こんなに心が軽くなるなんて

私は人の話を聴くのは好きですが、自分の気持ちを人に話すのは少々苦手なところがあるので、以前は全部自分の中に気持ちを溜め込んでいました。

ですが、自分一人でいろいろ考えているとどんどん悪い方向に考えてしまうんですよね。

そして勝手に自分で「人はこう思ってる」「こうしないといけない」「これをすると嫌われる」などと考えて収拾がつかなくなってしまったことがありました。

そんな時、ある集まりで自分のことを話す機会があったんです。

最初は少し勇気が必要でしたが、話し始めると自分でもびっくりするほどに気持ちが溢れてきていろいろ話をしていました。

でもその場にいた知人はとても真剣に静かに話を聴いてくれて、「しんどかったね・・・」と受け止めてくれました。

その気持ちを受け止めてもらえたことがものすごく嬉しくて、安心できたのを覚えています。

その後他にも信頼している人に気持ちを話す機会があって、話すにつれて自分の中が整理されていくのが感じられました。

だんだんその辛かった時期のことさえも話の「ネタ」になってしまうくらいオープンになって、すごく楽になれました(^^)

ほとんどの場合、問題の解決策は本人の中に既にあるので、心の中が整理されることで自分でどうしたらいいのか気付いて前に進んでいけます。

訪問看護でも話を聴くことが多くありましたが、「なんでかな、話ししているうちになんか楽になってきた」「気持ち分かってもらえるって嬉しいね」と話されている人が多かったです。

人に気持ちを話すのが苦手な人もたくさんいるので、無理に話す必要はないと思います。

でももし信頼できる人と過ごしていて、気持ちを話したくなった時は「手放しのサイン」

心の中のものを言語化して表現し、聴いてもらって気持ちを受け止めてもらえると本当に楽になります(*^^)v

傾聴の本質を理解してもっと効果的に心のケア

大切な人たち辛い時、お話しを聴くことで少しでも相手が楽にって笑顔になったらうれしいですよね♪

傾聴は本質を理解して実践できると、心のケアの方法として非常に有効なものになります。

傾聴の基本は、「相手の気持ちに寄り添って話を聴く」ということです。

基本的にアドバイスはしません。

自分の考えを押し付けることもしません。

自分のことも話しません。

無理に話してもらうこともしません。

相手の話す内容に対して、

「なんか違うなとか」

「自分だったらこうやのに」

「こうした方が良い」

など色々言いたいことが出てくるかもしれませんが、自分の主観的な意見は一切話しません。

いくらこうした方が絶対良いと思うようなことがあっても、本人が自分自身で気付いて納得したことでなければ、心から受け入れることはできないからです。

話をして気持ちを解放し、少しずつ整理されていく中で、その人にとって最も良い選択が自分でしていけるようにすることも傾聴の目的の1つです。

話の内容どうこうより、話す相手の気持ちに寄り添います。

912c6990e9f163b729ecc37efc70e9cd_s

優しくゆっくり穏やかな態度で、適度な相槌をうちながら、時に相手の言いたいことを別の言葉に置き換えて繰り返すのも効果的です☆

ただ、決して話の腰を折ることはせず、こちらが何か話す場合にはタイミングをきちんとみることは大切になります。

これ意識してやってみると意外と難しいんですけどね(^_^;)

相手を思い遣り、話を聴かせていただくという謙虚で優しい気持ちがとても大切になります。

また、言葉だけではなく、表情特に目などにも話す人の心は表れます。

この傾聴スキルを医療や福祉の現場などだけではなく、日常生活での人との関りにおいてもここぞという時にさりげなく使っていけると、関係性がさらにスムーズで穏やかなものになっていくはずです(^^)

良かったら参考にしてみて下さいね♪

最後まで読んで下さりありがとうございます。

★傾聴上手なサポーター勢ぞろい!!ナースの夢を叶えるプロジェクトおすすめです(^^)/

ナースのみなさん必見!!夢叶えませんか?!

★メールマガジン始めました!!

➜自然体で楽~に過ごせるYUMEAROMA

自分自身の心と体のサインを受け取り、もっと元気で心満たされた人生にしていくコツが分かります!!

kimg0696-2

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

毎日が劇的に楽しくなる方法がわかる無料メールマガジン
毎日が劇的に楽しくなる方法がわかる無料メールマガジン
うつ病の家族との適切な関わり方がわかり、 安心して過ごせるようになる 10日間の無料メールレッスン
うつ病の家族との適切な関わり方がわかり、 安心して過ごせるようになる 10日間の無料メールレッスン
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告