婚活に疲れた女性のあなたへ。結婚はしなければならないものなのか?

シェアする

あなたは婚活されていますか?

近年、30代40代でも結婚していない女性の割合はかなり増えています。

結婚は、人生を左右する一大イベントですよね。

だからこそ、やはり簡単には決断できない事だと思います。

結婚していない人の中には、結婚したいと切に願って婚活に励んでいる人もいますが、全然結婚に関心がない人もいます。

また、口では結婚したいと言いながら婚活しつつも、本音では結婚したくないと思っている人も少なくありません。

こういう場合、頭と本音が一致していないので、婚活などしてもなかなか結婚は実現しにくいでしょう。

そして、すごくしんどいです。

本当は結婚したくないのに、それに気づかず結婚したいと思い込んでいて、婚活しなければならないのですから。

私自身、まさに上記の状態でとてもしんどかった時期がありました。

せっせと婚活していた時期も実はあったのです。でも疲れました。

ですが今は、結婚せねばならぬという呪縛から逃れることができ、穏やかな気持ちで過ごせるように^^

そんな私の、結婚に対する想いをつづりたいと思います。

婚活に疲れた女性のあなたへ。

ちょっとでも参考になればうれしいです^^

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

結婚はしなければならないものという思い込み

子どものころは、20歳を過ぎた頃には結婚するものだと思っていました。

それが普通で、結婚すれば幸せなのだと思っていました。

ところが、20歳を過ぎても結婚することはありませんでした。

もちろんおつきあいする男性はいたんですよ。

でも、長く続くことはなく・・・

おつきあいしていても、なんか不安がつきないんですよね(^-^;

自分に自信がなかったのだと思います。

でもそうこうしているうちに適齢期と言われるような年齢になり、そろそろ本当に結婚しないといけないと焦り出しました。

そうです。

結婚したいではなく、結婚しなければならないという想いの方が強かったのです。

それはやはり、周囲の人の話を聴いたり、テレビとか雑誌などの記事を読んだりして、

「結婚=幸せ」「結婚=常識」

という思い込みが自分の中にあったからなんですよね。

なので、「結婚していない自分=不幸せ」「結婚していない自分=非常識」

そんな感じです。

実際、人と話していると絶対結婚の話が出るし、「結婚は?」「良い人いないの?」「何で結婚しないの?」など必ず聞かれます。

そのため、「やはり結婚しなければならないのだ」「私は結婚したいのだ」と思って、せっせと婚活に励むようになりました。

婚活イベントに行ってみたり。

結婚相談所に入会したこともあるんですよ。

結婚相談所に入会すると、お相手の希望とか自分自身のことについて詳しく聞き取りがありました。

そして、その内容にもとづいて、合いそうな男性を紹介してくれます。

気になった男性がいれば、結婚相談所を通じて連絡をとり、お会いするようになります。

が、私は一回もお会いすることなく退会してしまいました。

毎月毎月、次々と男性を紹介されるのですが、いざ会おうかどうかと考えると、どうも腰が重いのです。

そして、だんだん紹介されるのがしんどくなり、退会してしまいました。

もちろん結婚相談所が悪いわけじゃありません。

実際、結婚相談所で素敵なご縁があって結婚された方々も知っています。

ただ、私には合わなかっただけなのです。

そのうち、結婚を前提としたおつきあいをする男性も現れました。

ですが、母親の激しい反対があって、私も対抗するのがしんどくなってしまい、いつの間にか結婚話は流れてしまったのです。

口には出しませんが、正直その直後は「お母ちゃんが結婚させてくれない」なんて心の底で思ったりもしました。

でも、今振り返ってみると、結婚してなくて良かったなぁと思うんです。

もちろん、その男性に問題があって駄目だというわけじゃないんです!

ただ、考え方や価値観などいろいろな面を振り返ってみると、やっぱり上手くはいかなかったかなぁと思います。

今の活動もしていなかったかもしれないですしね。

何より問題なのは、私自身が、

「とにかく結婚しなければならないという気持ちにとらわれて、見えるものが見えなくなっていた」ということ。

母には、なんとなくそれが感じとれたのですね。

だからストップをかけたのだと思います。

世間の目が気になる?問題を大きくしていたのは自分自身だった

結婚したい(しなければならない)という焦りのピークは、34歳の3月頃だったと思います。

当時、家の事情と自分がやりたいことがあるという理由で、正社員で働いていた看護の職場を退職して間もないころでした。

退職してすぐは大丈夫だったのですが、だんだんと今の自分の立ち位置に対する不安が強くなっていったのです。

具体的には、

・30も半ばになって結婚もせず、実家住まい

・看護師の資格を持っているくせに看護師の仕事していない

主にはこの2点ですね。

スマホを片手に、「30代 女性 未婚 実家住まい」などキーワードを打ち込み、世間の反応を調べまくったりしていました(笑)

するといろいろ出てきます。厳しい意見が(^-^;

・30代半ばにもなって結婚していない女には問題がある

・いい年して実家住まいの女は家事もなにもできない

反対に、こんな意見もありました。

・人それぞれ生き方は違う

・実家住まいだからと言ってみんなが家事などできないというわけではない

・家庭の事情があって結婚できない人もいると思う

そんな、厳しい意見と優しい意見を見ながら、気持ちが上がったり下がったりして大変でした。検索しなければいいのですが、手が止まらないんです本当に。

恐ろしかったです。あの時の精神状態は・・・

でも、今思うと、

「自分の本当の気持ちに向き合いなさい」

っていうことだったんだろうなと思います。

結婚はともかく、せめて一人暮らししてみようかな、など考えたりもしました。

でも、一人暮らしすることを考えると、

「やまと(犬)と離れるの悲しい」

「正直1人は防犯的に恐い」

「離職してるのに家賃代かかる」

「自分の部屋好き」

「何故理由もなく、1人暮らしせなあかんのか」

「実家だけど普通に家事してるよね?」

「ていうか、何で人の目気にして無理やり1人暮らしせなあかんのや!」

このようなことをぐるぐる考えているうちに、プツっと切れました。

確かに、ネットには厳しい意見があります。

ですが、別に個人を批判しているわけではないし、個々の体験や考え方や価値観で意見を言っているに過ぎないので、気にする必要はなかったんです。

(↓人からの評価を気にしてしんどくなっているあなたへおすすめはこちらです。

★人からの評価が気になってしまうあなたの心を楽にするイメージ法 

でも、当時はその厳しい意見が世間の意見であり、ご近所さまもきっとみんなそう思って私を見ているのだ、という想いから逃れることができませんでした。

そんなある時、ふと自分のその時の想いを仲の良い人数名に話す機会がありました。

すると、その人たちはみんな、「え~そんなこと気にしてたの?あなたのことをちゃんと知っている人は、たぶん何も気にしてないと思うよ~」と言ってくれたのです。

憑き物が落ちたように思いました。

気が抜けました。

一瞬で気持ちが軽くなりました。

「なんで一人で問題大きくしていたんだろう・・・」と思いました。

看護師の資格をもっていながら、仕事から離れていることに対しては、実際「もったいない」という人もいました。

でもそれほど深い意味はなくて、別に私のことを否定しているわけでもなかったんです。

ネットに書かれていた

・30代半ばにもなって結婚していない女には問題がある

・いい年して実家住まいの女は家事もなにもできない

これを思っていたのは、他の誰でもなく自分自身だったことに気がつきました。

結婚にとらわれず、今できることを大切にすると心が楽に!

「結婚しなければ幸せになれないし、結婚しなければ人に認めてもらえない」

そう思っているから、結婚に執着していたんですね。

自分自身の思い込みにより、自分で勝手に苦しんでいたのです。

そう気づくと、とても楽になれました。

「結婚のことを悶々と悩み続けてしんどくなるくらいなら、いっそ手放して、今できることに全力で取り組んだ方が良いのではないか。」

こう思いました^^

だって勿体ないですよね。

限られた人生の中で、いつまでも1つのこつにとらわれて暗い気持ちになっているなんて。

結婚するしない、どちらが正しいというのは決められるものではないと思います。

結婚したら幸せかもしれない。でも結婚していない今でも幸せ。

そういう状態で過ごせると良いんじゃないかなと思っています。

大事なのは、

今を大切にできているか」

ということだと思うのです。

婚活に疲れた女性のあなたへ。

もし送るメッセージがあるとするならば、一度立ち止まって、自分の気持ちと向き合う時間をもってみてはどうでしょうか?

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

毎日が劇的に楽しくなる方法がわかる無料メールマガジン
毎日が劇的に楽しくなる方法がわかる無料メールマガジン
うつ病の家族との適切な関わり方がわかり、 安心して過ごせるようになる 10日間の無料メールレッスン
うつ病の家族との適切な関わり方がわかり、 安心して過ごせるようになる 10日間の無料メールレッスン
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告