ナース必見!隙間時間で出来る簡単なストレス軽減の方法

シェアする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

看護の仕事の能率をぐんと上げる!簡単リフレッシュ

看護師の仕事は、予想外の出来事があったりスムーズに進まないことも多く、なかなか時間通りに休憩をとるというのは難しい時も多いと思います。

急ぎですべきことだけ済ませて休憩時間中にどうして必要な処置や業務だけ交代の相手に申し継ぎ、仕事と休憩のメリハリをきちんとつけることも仕事のうち。

とはいえ、スタッフが少なかったり緊急の出来事があったりするとなかなかそうきっちりと休憩することもできないというのが現実かもしれません。

5e82cce9637f3bef6829c076fcf49516_s

休憩はいいから、早く仕事を終わらせてしまいたいという気持ちもあるかもしれません。

私はどちらかと言うと、ゆっくり休憩をとるよりも、最後にいつも残ってしまう看護記録などを終わらせてしまいたいと思う方でした。

ところが、休憩時間を削って仕事しても早く終わるどころかかえっていつも能率が悪くなるだけなのです。

忙しいと気持ちも焦りますし、休憩時間をゆっくりとるという余裕はないという人も少なくないとは思いますが、そんな忙しい時こそ休憩は大切ということを今なら私も分かります。

安全で質の高い看護を提供してスムーズに仕事を進める為にも、短時間で効率的にリフレッシュできることが大切なのです。

ここでは、忙しくても隙間時間で出来る簡単なストレス軽減の方法をいくつかご紹介できればよいなと思います。

簡単効果抜群!隙間時間でストレス解消リフレッシュ!

音楽の力

心身のストレス解消として代表的なものとして、音楽を聴くということがあります。

自分の好きな音楽やヒーリング音楽をちょっとした隙間時間に聴くだけで、気分が大きく変わります。

特に目を閉じてその音楽の世界に入り込むと、それまで感じていたストレスが大きく軽減されるのがわかります。

a17f3bdb5b5a75eddd0654734034556e_s

音楽を聞くというのは、日勤帯ではなかなか難しいかもしれませんね。

私は夜勤の仮眠の時間を短時間しかとれない時によく音楽を活用していました。

高周波が含まれる自然環境音などは本当に心地良くて、気分がリフレッシュできます。

また最近ではリフレッシュ用や集中力やリラックスなど目的に応じて開発されたヒーリングミュージックなどもありますので活用してみても良いかと思います。

私はヒーリングミュージックが好きなので、今までたくさん試しましたが、自分に合うものが見つかると本当に助かるのです。

例えば、忙しかったりするとイラッとしてしまうこともあるかと思います。

イラッとしてしまうと、人間関係や仕事の能率にも影響が出るので、出来るだけ穏やかな気持ちで過ごしたいものです。

そんな時にもヒーリングミュージックは助かります。

最初の5分聞くだけでもかなり脳をリフレッシュできるようにつくられている音源もあるので、心地が良いものを探してみると役立つと思います。

瞑想でリフレッシュ

静かな環境が確保出来る場合は、15分ほど目を閉じて瞑想をすることも大変効果的です。

瞑想中は何も考えず、心を空っぽにしてクリアな状態になることで、それまでの心理状態をリセット出来るというメリットがあります。

どんな場所でもどんな時でも行えるリラックス法として、腹式呼吸があります。

腹式呼吸には様々な方法がありますが、自分のやりやすいテンポで何度も腹式呼吸を繰り返すことが大切です。体の隅々まで酸素が送られると健康な体が作られ、よって気分も良くなるという好循環が始まります。

私は、病棟勤務をしていた時は夜勤の隙間時間によく瞑想や複式呼吸は活用していました。

また訪問看護の時も、車の中でちょっと1~2分静かに目を閉じるだけでも随分スッキリとするのが感じられ、大変助かっていました。

アロマで簡単リフレッシュ

気分を切り替え脳をクリアにしてくれるような精油を香りを活用するのもおすすめです。

リフレッシュ

例えば、スッキリと脳を目覚めさせて集中力をアップさせてくれるペパーミントやローズマリーに、気分を明るく高揚させてくれるベルガモットなどの柑橘をプラスしたトリートメントオイルやスプレーをつくっておいてはどうでしょうか。

小さいボトルに入れておけば手軽に持ち運び出来て、ちょっとリフレッシュしたい時にスプレーを上に向かってシュッとひと吹きすると、頭の方にアロマの霧が降ってきて気持ちが良いです。

また、少し時間が取れるようなら、首の後ろやデコルテの辺りに少しアロマトリートメントオイルを塗ってみるのもおすすめです。

私は夜勤でちょっと一息つけそうな時にこそっと塗ったりすることがありました☆

ささやかだけれどほっとする癒しの時間です^-^

医療現場なので、あまりきつい香りは望ましくありませんが、ほんのり自然な香りが自分の体からちらっと香ってくると心地良いです。

仕事中なのであまりリラックス作用の強い精油はかえってやる気がなくなるので控えた方が良いかもしれません。

その他にも体のストレッチをしたり、時間的に可能であれば10分か20分だけ寝てみたり、ほんの数ページでも読書をしたりというようなことも効果的です。

最近では企業でも昼寝をすすめているところがあるようですね。

脳が疲れていては良いアイディアも浮かびませんし、能率を上げてより良い仕事をするためには昼寝は決していけないことではないと思います。

様々なリフレッシュの方法を知っているのと知らないのとでは、毎日の心身の状態も業務への影響も大きく変わってくるのではないでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

★看護師さん向けにこんな記事もあります↓↓

看護師として自信が持てず不安で仕方がないあなたへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

毎日が劇的に楽しくなる方法がわかる無料メールマガジン
毎日が劇的に楽しくなる方法がわかる無料メールマガジン
うつ病の家族との適切な関わり方がわかり、 安心して過ごせるようになる 10日間の無料メールレッスン
うつ病の家族との適切な関わり方がわかり、 安心して過ごせるようになる 10日間の無料メールレッスン
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告