心が疲れた時に効果抜群のアロマはこれ!ケアの方法徹底解説

シェアする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

 心が疲れた時には自分に目を向けて優しくケアを

「今自分の心が疲れているな」と感じることはありますか?

もしかしたらそんなことを感じる暇もなく毎日の生活をあわただしく送っているという人も多いかもしれませんね。

でももし、ふと1人でゆっくり過ごす時間ができた時に、普段なら趣味やお出かけなど楽しむのに今は何もしたくない・・・とか、

することは山のようにあるししたいこともたくさんあるけれど、何か遠くの絵でも見ているような感じがする・・・、

現実感が無い・・・、

などを感じるようならば、もしかしたら心が休息を求めているサインかもしれません。

心が疲れたと感じた時にはそのままにしておかず、その都度対処していくことが大切です

毎日常に心が緊張して、色々なことに考えを張り巡らせていたり、人に気を遣っていたりしていることが続くと、心は疲れ切ってしまい悲鳴を上げます。

職場やプライベートの人間関係、今後のこと、仕事のこと、家族のこと・・・

毎日とにかくいろいろ考えることがあり一生懸命だと思います。

考えることは決して悪いことではないけれど、休みなく考え過ぎたり神経を張ったりしていると心は疲弊してしまいます。

ea9998c7fbd8f5213867879c0b27c674_s

そして、心からのSOSに気付かず、あるいは気付いていてもそのままにしておくと、いずれ精神や体の病にまで発展してしまいます。

何もしたくないな・・・と感じたら、それは決して怠けたいとかいうことではなく、心からのサインだと思ってゆったりと休ませてあげるのも大切です。

心が疲れた時にピッタリ!マジョラム・スイート

何もしたくないな、力が湧いてこないなという時の心の休息におすすめなのが、マジョラムスイートという精油です。

ギリシャ神話によると、愛と美の女神アフロディーテが香りを与えたと伝えられており、古くから薬草として使用される他、新婚夫婦の幸せを願って贈り物にされたり、亡くなった人の魂の平安をもたらすと信じて墓地に植えられたりしていました。

マジョラムは、見た目はとても控えめな感じの植物で小さな丸い葉に白い花を咲かせます。

香りの印象としては、スキッとした清涼感の中にも温かみを感じるような香りです。

色々なことを考え過ぎたり、周りに気を遣いすぎたりするような時にマジョラムの香りを用いると、頭の中のおしゃべりを鎮めて心に穏やかな静けさを取り戻させてくれますよ☆

孤独な気持ちが強い時にもマジョラムはそっと寄り添ってくれるような感じがします。

その他、マジョラムは体を温め血行を良く、筋肉もゆるめてくれる作用もあるので、緊張でガチガチに凝り固まった体をもほぐしてくれます。

体がやわらかくほぐれると、心にもゆとりができます。心と体は繋がっていますから。

また、たとえ今いる環境が忙しすぎたり、人間関係が緊迫しているような状況にあったとしても振り回されることが少なくなり、生きやすくなると思います。

私は、訪問看護の仕事をしていた時は精神的にも時間的にも眠れないという時期がありました。先の見えない忙しさの中、目の前のことに必死でした。

周囲の人やいろいろなことに神経を遣い、本当はそんなに考えなくても良かったのだけれどもいつも緊張状態で、勝手に疲れていました。

もっと「しんどい」ということを表に出しても良かったのでしょうが、周りの人からの評価を気にしたり、人一倍頑張って役に立たないと自分の存在価値がないような気がして無理をしていたように思います。

失敗したらどうしよう、新しいこと自分にできるだろうか、周りの人怒ってないかな・・・

など、ありとあらゆることを勝手に考えてはおびえていたので、自宅に居ても心が全く休まらないのです。

本当はゆっくりして良いはずの休日でも、大好きな絵やハンドメイドを楽しみたい気持ちはあっても、何だか落ち着かないとか何となくだらだらと過ごしてしまうということがよくありました。

仕事の日の朝も現実感がなくて、「今日1日仕事ちゃんとこなせるのだろうか」と思いながら流れでどうにか1日が終わったというような時期が続いていました。

ちょうどその頃よく用いていたのがマジョラムです。

当時はマジョラムのこともあまりよく理解しておらず、リラックス効果が得られるということぐらいしか知りませんでした。

リラックスということであれば、他の精油にも同様の作用をもつものはたくさんありますが、何故か毎日マジョラムの香りを嗅いでいました。

正直、マジョラムの香りを嗅いでもすぐに心が楽になるというわけではありませんでしたが、何もする気が起きない中でもマジョラムの香りはせっせと生活に取り入れていました。

植物油に混ぜてハンドトリートメントしたり、ただ香りを嗅いでみたり。

眠れない日が続いていた時に、マジョラムを少し濃いめに植物油で希釈して足の裏に塗っていたこともありました。

足の裏に塗ると、徐々に清涼感を感じるのですが、温かさも感じてとても心地良かったです。

そして少しづつ眠れる日が増えてきました☆

心が疲れた時には心の赴くままに過ごしてみる

心が疲れたなと感じる時には、無理に元気づけようとするよりも、心の声を大切にしてゆったりと過ごすのが良いです。

仕事や家庭のことなどでどうしても何かしなければならないという時はあるかもしれません。

ですが、夜眠る前の時間や休日は、何もしたくなければ何もせず、眠りたければ眠るというような感じでゆらりと過ごすことをおすすめします。

d1d41fe42a19fe03bc9a101539daedc6_s

そっと目を閉じて、ゆっくりとマジョラムの香りを吸い込み静かに時を過ごす。

どの精油にも言えるのですが、しっかり作用を期待するならば、アロマ器具による芳香浴ではなく、直接香りを吸入する方がはるかに効果的です。

ティッシュなどに垂らして吸い込むのでも良いので、数秒で終わらせるのではなく少し落ち着いてしっかり深呼吸しながら香りを鼻から吸い入れると良いですよ。

このような時間を意図的に持っていくことで頭の中のごちゃごちゃがリセットされ心が休まり、エネルギーが充電されます。

以前はゆったりとすることはなんだかいけないことのような気がしていました。

ですが、休むことは怠けることなどではなくその後の活動でより良いものを生み出す為にも、とても大切なことだと今は分かります。

やたらとマジョラムを使おうとしていたのは、心を休ませた方が良い状態だよっていうサインだったのかもしれないですね。

最近はマジョラムが必要と感じることが少なくてしばらく使用していませんでしたが、瓶底に残っていた僅かな精油を使いきりたくて、久し振りに植物油に希釈して眠る前に足裏に塗ってみました。

ところが、深く眠れるどころかいろいろ夜中に思いついたりして目がランラン(^-^;

実はここ最近は結構眠れていて、気持ちも安定しているし、いろいろしたいこともあったりと充実していました。

マジョラムは心も体も休息させてくれる精油なので、程よく活動的な今の私にはあまり必要ないってことなのかもしれません。

精油のエネルギーに無意識に抵抗したのかな・・・推測にすぎませんがそんな気がしました。

マジョラムの香りが好みでない場合、少し柑橘の香りをプラスしてみるのも良いですし、無理に苦手な香りを使うのではなく、マジョラム以外の精油を使っても良いと思います。

香りの効果を上手く取り入れながら、心のメンテナンスを自分で行い、元気に過ごせると良いですよね(^^)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

毎日が劇的に楽しくなる方法がわかる無料メールマガジン
毎日が劇的に楽しくなる方法がわかる無料メールマガジン
うつ病の家族との適切な関わり方がわかり、 安心して過ごせるようになる 10日間の無料メールレッスン
うつ病の家族との適切な関わり方がわかり、 安心して過ごせるようになる 10日間の無料メールレッスン
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告