嫌な感情を手放したいけど手放せない時の対処法

シェアする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

嫌な感情も思考も、自分の一部として受け入れる

あなたは、思い出すたびにイライラしたり、苦しくなったり、悲しくなったりするような、過去の出来事はありますか?

あるいは、何か不安に感じていることや、億劫に感じることなど、何かありますか?

そういった気持ちがしんどくなるような感情や思考は、できれば手放せると楽ですよね。

でも、手放そうと思って簡単に手放せるものばかりではありません。

考えたくないのに、無意識に考えがどんどん浮かんできたリするものです。

なくそうとして、もがけばもがくほどしんどくなり、いつまでもくよくよと考えてしまう自分に対して、さらにイライラすることも・・・。

じゃあどうすれば良いのかと言うと・・・

「嫌な思考も感情も、自分の一部として受け入れてしまう」

のがおススメです!!

嫌な感情も繰り返される思考にも理由がある

私は、以前は四六時中気持ちがどんよりしていて、明るい気持ちになる時間はわずかでした。

常に頭の中で何か考えていて、心が重苦しいのです。

ヒーリングミュージックを聴いたり、散歩などをすると一時的に気持ちが切り替わることはあります。

しかし、しばらくすると、また頭の中が考えで一杯になるのです。

過去の出来事をいつまでも引きずたり、先のことをあれこれ思い悩んだり。

放っておくと、芋ずる式にどんどんネガテイブな考えが増えていきます。

考えても仕方ないのはわかるのですが、考えが浮かんでくるのは無意識なのです。

一度その渦に入り込むと本当にしんどいんですよね・・・

ですからどうにか気持ちを楽にしたくて、いろいろなセラピーを手あたり次第に行ったこともありました。

どうにかして、その嫌な感情を追い出したいのです。

でも、どうにも上手くいかず、手放せない事にさらにイライラ・・・(*_*;

また、手放したいはずの苦しい感情だけど、何故か手放すことに抵抗を感じる場合もありませんか?

例えば、失恋などがわかりやすいかもしれません。

相手に対する想いを考えると、すごく苦しい。

けれども、手放してしまうと心にぽっかり穴が開いてしまうような気がする・・・。

どんな形でも良いので、相手に対する想いを心に留めておきたい時もあるでしょう。

そのような場合には、このままだと苦しいけれど手放すことに抵抗を持つかもしれません。

だったらそんな時は、手放そうと頑張らず、受け入れてみてはいかがでしょうか?

嫌な感情も、繰り返される思考にも意味があります。

ですから、無理に気持ちを切り替えようとしたり、しんどい感情を追い出そうとすると、かえってしんどさが増強してしまうのです。

感情や思考を、無視していることになるからです。

なので、その嫌な感情や思考を拒否するより、受け入れてしまった方が楽になるのです。

効果抜群!嫌な感情と思考を受け入れる具体的な方法とは?

でも、受け入れるってどうやったらできるのか分からない人もきっといらっしゃることと思います。

そこで、おすすめの方法があります。

それは、感情に名前をつけて、

「自分の中に存在していることを認める」

と、言葉に出してみる方法です。

頭の中でぼんやり考えるのとは違って、書き出したリ、言葉を口にして出すというのは、とても強力な方法です。

私は、思考や感情を受け入れる方法を、精神科医の松薗リエコ先生による「あるがままメソッド講座」で教えてもらったのですが、想像以上に効果を感じて驚きました。

★「あるがままメソッド講座」をしている松薗リエコ先生のブログ
まず、しんどさを感じている思考や感情に名前を付けます。

次に、

「私の中に、○○があることを認識しています。」

と言います。

そして、

「私の中に○○があります。」

と言います。

そのまま○○を自分の中に置いておきます。

変化を感じてみます。

以上です。

私は最近はそんなに心がしんどくなるようなことはないのですが、お仕事の前とかはいろいろイメージして、もやっとすることがあります。

例えば、私は週4回だけ訪問看護に行っているのですが、「何か問題発生時上手く対応できなかったらどうしよう」という考えがいつもありました。

問題発生するかどうかも分からないのに(^-^;

過去に常勤看護師で働いていた時、上手く問題に対応できなくて怒られた時のことが残っているのでしょう。

看護の仕事=怒られるかも、みたいな図式が私の中にあるのかもしれません。

看護の仕事に行く前になると、決まってモヤっとするのです。

それが嫌で、気持ちを上げようと音楽聴いてみたり、体を動かしてみたりするのですが、考えなくなるのはその一瞬だけなんですよね。

なので、

「受け入れる」

というのをしてみました。

すると、不思議なことに心が軽くなっているのが感じられるのです!!

イメージしても、もやっとした感情が湧いてきません。

名付けは、そのまま「何か問題発生時に上手く対応できなかったらどうしようという不安な気持ち」にしました。

私の場合は、丸いふわふわしたものに名前をくっつけたイメージを胸の中にイメージして、そっと胸に手を当てます。

そして、

「私の中に、何か問題発生時に上手く対応できなかったらどうしようという不安な気持ちを認識しています。」

「私の中に、何か問題発生時に上手く対応できなかったらどうしようという不安な気持ちがあります。」

と、声に出して宣言し、そのまま胸の中に思考と感情の存在を残すイメージをしました。

言葉に出すこと、イメージすることはとっても強力ですね。

この記事で紹介している方法が絶対的なやり方というわけではなく、私がやりやすいように少しアレンジしています。

自分に合うやり方を見つけられると、とても役立つと思いますので参考になれば幸いです。

ちなみに、なんかモヤモヤしているけれど、正直何にモヤモヤしているのかよくわからない、という場合にはこちらの記事がおススメです↓↓

心のモヤモヤに効果抜群!!アロマを使った心の浄化ワーク 
今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

毎日が劇的に楽しくなる方法がわかる無料メールマガジン
毎日が劇的に楽しくなる方法がわかる無料メールマガジン
うつ病の家族との適切な関わり方がわかり、 安心して過ごせるようになる 10日間の無料メールレッスン
うつ病の家族との適切な関わり方がわかり、 安心して過ごせるようになる 10日間の無料メールレッスン
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告