アロマテラピーをもっと効果的に楽しみ実際に役立てていくために知っておきたいこと

シェアする

アロマテラピーを効果的に楽しんで継続する為に

アロマテラピーはリラックス効果がある、美容や健康に役立つとの情報を得て使い始めたものの、効果は正直今一つ分からないという人もいらっしゃるのではないでしょうか?

精油はとても良い香りだけれども、結構値段も高いのでいつの間にかやめてしまったという人もいらっしゃると思います。

私も以前は、何となくアロマテラピーを気休めでしていたというところもありました。

確かに良い香りだし、多少リラックスできるような気がするという感じだったので、あれば嬉しいけどなくてもまあ良いか・・・という状態だったのです。

それでもこれもご縁でしょうか。 なんとなくアロマテラピーのことがずっと気になっていて、色々と勉強を続けました。

専門の学校にも通い、少しずつアロマテラピーについての正確な情報が入るようになり、精油の歴史や作用などを知り、その魅力にどんどん惹かれていきました。

アロマテラピーの事をきちんと理解せず実践していた時とは違って、今はアロマテラピーは私の生活に欠かせない存在となっています。
心身の健康や美容だけではなく、生活全般において精油を活用し、役立てることができるようになりました。

アロマテラピーの経験がある人は増えてきているようですが、 話しをしてみるとほとんどよく分からずに実践されている人も少なくないようです。

6e74c46be9ada6b4b5b70190493e48f2_s

私が訪問看護をしている時、ある利用者様がアロマテラピーをしていました。ところがその人が使用していたのは精油ではなくアロマオイルと書かれている合成香料だったのです。「良い香りだけどあまり効果がないよ。」と言われていました。

精油のことをあまりよく分からないまま、流行りなどでアロマテラピーを始めた場合、時に効果を感じられないどころか不快な思いをしてしまうこともあり得ます。

せっかく精油と出会い、アロマテラピー を始めたのに、精油の良さを知ることなくやめてしまっては勿体ないと思います。

精油の事を正しく理解し、適切に使用することできっとその良さを実感できると思います。

アロマテラピーに使う精油の秘密

自然の植物には芳香物質というものが存在します。
植物の芳香物質には誘引効果があり、子孫繁栄に役立ちます。 香りで鳥や昆虫を引き寄せ、種子を運んでもらうのです。
一方、害虫や鳥などから植物自身を守る為の忌避効果や、坑真菌・抗菌効果も持ち合わせています。

芳香物質は種の存続に必用不可欠な物質であり、この芳香物質が精油なのです。

精油は植物の様々な場所にある油胞呼ばれる香り袋に詰まっており、油胞の多くは植物の表面にあります。

精油は天然の化学物質が数十~数百種類も集まってでできている 100%天然素材です。もととなる植物により香りや働きが違います。1つの精油にたくさんの芳香成分が複雑に混ざり合い、それらが特徴的な香りや働きを生み出すのです。

精油には主に以下の3つの特徴があります。

1、芳香性→強い香り
2、揮発性→蒸発し、香りが充満する
3、親油性(脂溶性)→精油は水より軽く、水に溶けにくく、油によく溶ける

その他、精油はアルコールにもよく溶ける性質があります。また、精油の分子量はとても小さく、1つの精油にさまざまな成分を持ち合わせてており、組み合わせ方によっても期待できる作用や香りが変わってくることも魅力の1つではないでしょうか。精油は呼び方に油とは付いていますが、植物油ではありません。

話し出したらきりがないほど精油にはさまざまな特徴や性質があります。それも追々お話しできればと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

毎日が劇的に楽しくなる方法がわかる無料メールマガジン
毎日が劇的に楽しくなる方法がわかる無料メールマガジン
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告