目の疲れを即効解消!簡単で気持ち良いおすすめの方法はこれ!

シェアする

こんにちは☆

目、疲れますか?

私は、パソコンの作業が多いので疲れ目と視力低下が気になっています。

仕事でパソコンをしているので仕方ないけれど、あまりに目が疲れると頭痛や肩凝りにも繋がりますよね。

今日は私が実践して簡単ですごく効果を感じた方法を御紹介したいと思います♪

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

眼筋をゆるめれば目の疲れは即効解消する

目の疲れを解消するなら、目の回りの筋肉を温めてゆるめるのがおすすめです☆

私達の眼球の回りには6つの筋肉がついていて、この眼球を取り巻く筋肉の動きによりものを見ることができます。

ところが、パソコンやスマートホンなど一定距離のものを見続けている時間が長いと、目の回りの筋肉が固定されてしまい眼球の動きが鈍くなってしまいます。

するとスムーズに焦点を合わせられなくなるし、筋肉が硬直すると血行も悪くなるので必要な酸素や栄養が行き渡りにくくなってしまいます。

とは言え、お仕事などの関係もあり、目を酷使する時間はどうしても増えてしまうという人は多いですよね。

けれども、目の疲れを放っておくとやはり視力の低下や頭痛や肩凝り、吐き気にまで発展してしまいます。

そこで目の回りの筋肉を程よく温めてふわ~とゆるめるのです♪

方法は超簡単!

フェイスタオルを適度な大きさ(目を覆う)にたたんで水で濡らし、硬く絞ってポリ袋に入れてレンジで温めます。

そしてそれを目の上にのせるだけです。

座ったまま顔を上に向けてホットタオルを目にのせるのも良いですが、ゆったり寝転べるところで仰向けになって行うとよりリラックスできます。

じんわり目の回りに温かさが伝わって、目の回りの筋肉が動いて血流が良くなっているような感じがします☆とにかくめちゃくちゃ気持ち良いですよ~(*^^)v

2~3回繰り返すと視界が明るくなってものが見やすくなるのが分かります。

また、ドライアイにもおすすめ!

まぶたの縁には、目の表面を覆って水分蒸発を防いでくれる皮脂を分泌するマイボーム腺というのがあります。このマイボーム腺が詰まると皮脂が分泌されにくくなるので、目が乾いて辛いんですよね。

でも温めることでマイボーム腺の詰まりがとれて皮脂分泌が促されます。

目を温める温熱シートなども市販されており、テレビでも紹介されていることがよくあるので、目を温めることの効果は知られつつありますよね。

まだ試したことがない方はぜひ一度試してみて下さい(^^)

継続すると目の疲れがかなり楽になるし、見え方も良くなるのが分かりますよ~

目の疲れを解消に効果的!首の後ろの2つのツボ

上記の目を温める方法と同時に私が行なっていることがあります。

それは、首の後ろ側の髪の生え際にある天柱と風池の2つのツボを温めること☆

(天柱と風池についてはこちらのサイトが分かりやすいです。)

天柱と風池は目の疲れに良いとされている他、首には自律神経など大切な神経がたくさん集まっています。

その為首の後ろを温めると副交感神経にスイッチが入り、リラックスモードになります♪

首の後ろと目をホットタオルで同時に温めると、もう本当に極上の心地良さです(^^)

とにかく気持ちが良いです♪

先日、ゆほびかという雑誌で、ペットボトルにお湯を入れて首の下に入れて寝転ぶ方法が紹介されていました。

頭の下には枕を入れて、ペットボトルが天柱と風池のツボを程良く刺激する部分にペットボトルを当てるのがコツ。

私もやってみました(^^)

気持ち良いですが、10分以上しているとちょっと痛いかな・・・

でもペットボトルも手軽でツボをしっかり刺激してくれるので、状況や好みに応じて使い分けると良いですよね。

ただ、血管がどくどくするような頭痛がある時や、ケガや炎症を起こしている時に温めることは禁物です。症状が悪化してしまいます。

ラベンターなど精油の香りを漂わせながら目や首を温めるのも良いですね(^^)

やけどにはくれぐれも注意して下さいね☆

読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

毎日が劇的に楽しくなる方法がわかる無料メールマガジン
毎日が劇的に楽しくなる方法がわかる無料メールマガジン
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告