幸せそうな人を見るとイライラする・・・どうすれば穏やかな気持ちになれる?

シェアする

フェイスブックの幸せそうな写真の投稿。

町行く幸せそうな笑顔の家族や恋人。

幸せそうな友人たち。

できることなら、そんな人の幸せを笑顔で祝福したい。

でも、なぜかそんな幸せそうな人を目にすると、モヤモヤしたり、憎いと感じたり、イライラしてしまう。

そんな状況で心が悶々としている人は案外少なくないようです。

この記事を書いている私も、以前は幸せそうな人に対しイライラする自分が情けなく、人間としての器の小ささに苛立ちを覚えることが多々ありました。

そんな私ですが、今は人と比べることが格段に減り、幸せそうな人を見てもとても穏やかな気持ちでいられるようになりました^^

この記事では、そんな私自身の体験や精神科看護・セラピストとしての知識や経験も踏まえ、

・幸せそうな人を見てイライラする理由

・他人と比べることが減り、自分の心を満たせるようになるコツ

について、掘り下げていきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

幸せそうな人を見るのが嫌い。でもそんな自分も嫌い・・・

中学校の時、両親が冷戦状態のような感じでいつも家庭は暗く、会話がない状態でした。

当時、学校では特定のグループからいじめを受け、そうこうしているうちに母がうつ病に。

兄弟姉妹もなく、誰にも相談できずにいた私は、クラスメイトが家族の幸せそうな話をしているのを聞いたり、テレビでタレントさんたちが楽しそうな様子で映っていたりすると、

「この人達には私の気持ちなんてわからない」

「何の悩みもないんだろう」

なんて思うことがあったのです。

また、社会人になってからもそうです。

人間関係や仕事の責任、将来のこと、自分の健康、家族のことなどいろいろと心配なことがあり、いつも心がモヤモヤと晴れない状態で過ごしていました。

ですので、周りの人が幸せそうに見えると、何となく不快な気持ちになったり、イライラしてまうことがあったのです。

ですが、そうのような気持を表に出すのはみっともないとか、性格悪いと思われるのが怖くて、自分の中に溜め込んでいました。

なので、堂々と不満とか幸せそうな人への妬みなどを口にしている人を見ると、何も気もしていないように振舞う自分より、よっぽど正直なんて思ったものです。

幸せそうな人へのイライラを感じる自分にも葛藤があり、とてもしんどかったです。

ところがそんなある時、ご年配の患者様から、

「門野さんはお嬢様やから苦労って知らないでしょ?看護師さんでお給料もたくさんもらっているんだろうし、幸せで良いよね~」

と言われたのです。

「え?!」と思いました。

その患者様とはまだ数回しか顔を合わせていませんし、私はそんなプライベートの話もしていなかったんです。

ですから、「何をもって、そんなことを言うのだろう?」と、少しモヤモヤと納得がいかないような変な感じだったのを覚えています。

後々になり、よく話をするようになってからわかったことですが、その患者様が私をお嬢様と表現したのは、私の言葉遣いや、一見おっとりとした印象からだったようです。

私は関西在住ですが、関西弁があまり出ず、わりと標準語に近い感じなのです。

これは意識してというより、父の影響かと思います。

父は小さい頃から転々と各地を引っ越しする家庭で、特に関東方面での言葉が身についていたのです。

さらに、私は話し方も比較的ゆっくりで、職場では笑顔も心掛けていたので、上品な感じに見えたんだとか。笑

他の人からもしばしばそのようなことを言われることもあり、そこで私は気づきました。

「そうか・・・人は、見えていることで判断しているんやわ」と。

幸せそうな人を見ると憎いと感じるのやめたい!どうすれば良い?

よく考えてみると、私自身も人や物事を判断する時、自分なりの解釈をしているなと思います。

それはみんなそうなんですよね。

出来事とか、見聞きしている情報をそのまま受け入れている人ってまずいないです。

どうしても、脳の仕組み上、思い込みや価値観などにより自分なりのストーリーを作り上げて捉えるようになります。

とは言え、それ自体悪いということではないのです。

ただ、他人を見て、知っている情報だけで幸せそうと判断し、イライラを感じたりする場合には、ちょっとしんどいですよね。

ではどうすれば良いのでしょうか?

そもそも幸せそうな人を見てイライラするというのは、つまりは

「自分自身満たされない思いがある」

ということです。

自分自身が幸せを感じていれば、そうそう人を見て幸せそうでイライラするなんて思いません。

ですから、幸せそうな人を見てイライラするという場合には、まず自分自身の心に意識を向けてみましょう。

・自分がなぜその人を見て幸せそうと判断したのか

・どういうことが不快と感じるのか

・その裏に自分のどんな思いが潜んでいるのか

上記のことをみていくと良いですね。

紙などに書き出してみるとわかりやすいです。

ちなみに、書き出すことで、私はあることに気づきました。

それは、「幸せそうの判断材料になる情報がめちゃ少ない」ということ。笑

例えばですが、

・いつも笑ってわいわい人と楽しそうにしている

・結婚して指輪している

・ブランドものばかり買っている

・子どもとの楽しそうな写真を頻繁にSNSで投稿している

・やりがいのありそうな仕事をしてがんがん稼いでいる(ように見える)

こういうのって、目に見える情報ですよね。

でも、自分自身気持ちが満たされていない人からすると、結構目立つ情報だったりしませんか。

そして、この目に見えている情報だけで、自分なりに解釈し、「幸せそう」だとか「悩みがなさそう」などと判断し、勝手にイライラと不快になるんです。笑

ある時、幸せそうに見えていた人とじっくり話す機会がありました。

その人は、普段悩みなんて口にすることはなくて、いつも楽しそうな話ばかりします。

ライフスタイルや家族構成なども、世間一般的に見ると幸せと考えられそうな感じなんです。

ですが、その人の口から語られたのは、過去の想像もできないような悲惨で辛い思いでした。

今も家庭では、いろいろと思い悩むこともあるようで、はたから聴いていてもすごく大変だなと思う状況にあるようでした。

しかし、置かれている状況に不満などを話すわけではなく、淡々と事実を話され、最後には

「私よりも大変な人なんてたくさんいるしね!それに、考えようによっては得るものもいろいろあるんよ。」

などと笑って締めくりました。

話を聴いて私は、ろくにその人のことも知らないくせに、見えている情報で幸せそうと判断し、勝手に妬みや苛立ちを抱いている自分が恥ずかしくなりました。

それと同時に、「辛いのは自分だけじゃないんだなぁ・・・」と、気持ちが解れるような気がしました。

また、幸せそうな人にイライラする自分の本音に目を向けることで、

「心にあるわだかまる思いや過去の傷、望んでいること」

も知ることができました。

それらの思いを1つ1つ丁寧に受け入れていくことで、心はかなり穏やかになれます。

また、可能であれば、本当の望みを叶えるために、何らかの行動を起こしてみるのも良いですね。

こうして、行動して体験していくと、心が少しずつ満たされていきます。

自分自身の中に生きるエネルギーを感じられれば、幸せそうな人を見てイライラするというようなことはどんどん減っていきます。

終わりに

本当に、私たちが見えている情報なんて、ほんの一部です。

あとは、自分の思い込みでストーリーを作り上げ、いろいろな感情を抱いていることが多いんです。

どんな人も、その人なりの体験があって、悩みや不安を持ちながら生きています。

全く悩みも不安もない人なんて、いません。

生きていたら、何かしらあります。

それに今幸せそうに見える人も、裏で並々ならぬ努力をしてきたかもしれない。

幸せそうに見えるけれど、その人の立場にいざなってみると、案外大変かもしれない。

私たちは、決して自分以外の人にはなれません。

ですので、他の人と自分を比べることに、何の意味もないのです。

まず、そのことを理解しておくと、一見幸せそうな人をむやみにイライラしたり、妬んだりということは恐らく減るでしょう。

そして、誰かに対して幸せそうでイライラするというような思いがわいてきた時には、

「相手でなく、そう思う自分の心を理解するようにしてみること」

がおすすめです。

きっとあなたの心が穏やかで満たされるようになるヒントが見つかるはずですよ!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

毎日が劇的に楽しくなる方法がわかる無料メールマガジン
毎日が劇的に楽しくなる方法がわかる無料メールマガジン
うつ病の家族との適切な関わり方がわかり、安心して過ごせるようになるメ-ルレッスン
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告