はじめに~門野恵子の自己紹介と活動内容

シェアする

門野恵子の自己紹介と主な活動内容

はじめまして!

門野恵子(かどのけいこ)申します。

訪問して下さりありがとうございます^^

私は、和歌山県橋本市のサロンYUMEROMAを運営しながら、精神科訪問看護のお仕事もさせていただいております。

・うつ病になっている人を身近に支える人やご家族へのサポート
・やりがいを感じて心も体も元気に働ける看護師さんを応援する活動
・病院や施設でのアロマトリートメントのボランティア活動

上記が個人での主な活動となっており、サロンではメディカルアロマ・トリートメントの施術も行っています。

また、昔から絵を描くのが好きで、亡くなった愛犬の似顔絵を描いたことをきっかけに、現在はオーダーメイドで、「可愛いペットの似顔絵ポーチ」もつくらせていただいております。

大切な人へのプレゼントにもご好評いただいております♪

私のサービスの特徴は、安心して想いをとことん吐き出せること

私が提供するサービスの特徴は、

「安心して想いをとことん吐き出せる」

ということです。

自然な流れで安心して想いを吐き出すことができ、繰り返し心の中にあるものを言葉にすることで心が整理されて軽くなっていきます。

そして、その過程でたくさんの気づきが得られます。

気づきは人を癒し、前に進ませてくれるものです。

私は、そのお手伝いをさせていただきたいと思っています^^

実は、サロンを始めた当初、私はアロマトリートメントにこだわっていました。

(私とアロマの出会いについては下記の記事で述べています。)

「私に今の活動のきっかけをつくってくれたのはアロマだし、7年も学校に通ってがんばったのだから、絶対メニューにアロマは外せない!」という気持ちが強くあったのです。

また、

「もっと知識を増やして、技術を磨かなければ通用しない」

「もっと何か取り入れなければいけない」

なども思っていました。

確かにアロマトリートメントは、心身のケアにとても素晴らしい効果が期待できます。

けれども、アロマやマッサージなどを取り扱うサロンさんはいくらでもある・・・

その中で、お客さまに私がアロマトリートメントを提供するメリットが、自分の中で見つからないでいたのです。

そこである方にアドバイスをいただきながら、自分自身を掘り下げてみることにしました。

掘り下げてみると、

・笑顔に癒される

・話をすると心が軽くなる

・かけてくれる言葉が適確でスッキリする

・なんか気持ちが整理できた

・その場にいるだけで空気がやわらかかくなる

・とにかく癒される

・なぜか話をしたくなる

このようなことを、周囲の人や患者様によく言われてきたことに気づきました。

しかし、特別努力していたわけではないので、上記のようなことが自分の強みになるとは全く思ってなかったのです。

ところが、ここ数年よりさまざまな人から

「カウンセラーさん向いてるんじゃない?」

「話を聴くのがすごく上手」

など立て続けに言われるように。

「そうなんだぁ~」とは思ったのですが、それでも私は、やっぱり外に外にと自分の強みになるものを探し続けていていました。

そんなある朝、うつ病だった母からこんなひとことが。

「話を聴くっていうの、もっと活かせないのかなぁ。そのままにしとくの勿体ない。」

母のひとことは大きいですね。

私の背中を強く押してくれたように思います。

それまで、サロンメニューに正直自信が持てずにいました。

ですが、自分がもともともっている強みに気づいたとたん、気負いがなくなり、お客様にサービスを提供することに自信が持てたのです。

私が現在のように、穏やかな気持ちで安心して目の前のことに取り組めるようになったのは、

「くりかえし想いを言葉にして、心がスッキリ整理され、自分の進む方向が明確になった」

ということが一番大きいと感じています。

その効果は、私には絶大でした。

想いを言葉にして表出する方法は、紙に書いたり、人に話を聴いてもらうのが効果的です。

でも、何から書き出して良いかわからなかったり、話を聴いてもらえる人がいない、という場合もあると思います。

また、話せれば誰でも良いというわけでもないし、話して余計しんどくなってしまうこともあると思います。

人は、自分で気づき、腑に落ちたことでなければ受け入れられません。

ですから、私はお客様自身で大切な何かに気づいて、選択していけることを大切にしたいと思っています。

気負わず自然な流れで、適確に想いを引き出せるようにサポートさせていただきます。

人はそれぞれ、体験も、悩みも、考え方も、価値観も違います。

同じような悩みでも、誰1人全く同じという人はいません。

ですから、当然中には私ではお力になれない人もいらっしゃいます。

でも、

「わたしだからこそ、力になれる人がいる」

と思っています。

必要な人にこのメッセージが届くと嬉しいです^^

サロン名が「YUMEAROMA」になったわけ

私がアロマセラピーを知ったのは、約6年ほど前でしょうか。

当時、大学病院で看護師として勤めており 、 病棟管理側の役割を少しずつ任されるようになってきた頃でした。

院内のさまざまな人間関係の中で調整役のようなこともしており、 常に周りの人に気を遣いながら過ごしていました。

プライベートでも家族の病気や自分自身の将来への漠然とした不安なども重なり、心身ともにとても辛い時期だったの覚えています。

そして当時一緒に働いていた仲の良い先輩ナースからいただいたのが、アロマセラピーについて書かれた1冊の小さなハンドブックでした。

そこには、自然の植物が持つ素晴らしい作用やその活用方法など、 私が今まで知らなかった世界のことがたくさん書かれていました。
植物の持つ力に魅力を感じ、隙間時間を見つけてはいつもワクワクとハンドブックを読んでいました。

私がまず一番最初に自分で購入したのはラベンダーの精油です。

ラベンダーの精油には、心を落ち着けてリラックスさせてくれる作用があるので、緊張しやすく気持ちを溜め込みがちな私にピッタリだと思いました。

私はいつもラベンダーをカバンに忍ばせ、気持ちがしんどくなったり、緊張したりするといつもラベンダーの香りを嗅いでいました。ラベンダーの優しい香りは、ざわざわしていた私の心を不思議と落ち着かせてくれます。

もともと自然が大好きな私は、植物の優しい香りの魅力にどんどんはまっていきました。

DSC_0443 (2)

「 自然の植物の香りが私たちの心や体に働きかけ、私たちが本来持っている力をそっと力強く引き出してくれる」

そう確信した私は、アロマセラピーを自分自身のセルフケアはもちろん、家族や友人など大切な人たちのために、また看護に活かしたいと思いました。

アロマセラピーは、今の私の活動の原点であり、YUMEAROMAの由来となっています。

↓↓こちら、自己紹介動画です^^

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

シェアする

フォローする

毎日が劇的に楽しくなる方法がわかる無料メールマガジン
毎日が劇的に楽しくなる方法がわかる無料メールマガジン