過去を後悔ばかりして前に進めないあなたに必要なたった1つのこと

シェアする

過去を振り返って後悔ばかりしても仕方がない、そうわかっていても勝手に頭の中に後悔ばかりがぐるぐる回ってしまう・・・

そんな経験、全くしたことのない人は少ないのではないでしょうか?

私も一時は、本当に毎日四六時中過去の自分の行動や出来事などを後悔ばかりしていた時期がありました。

考えたくないけれど、自然に考えてしまうんですよね。

これって本当に苦しいです。

この記事を読まれているあなたも、過去の後悔ばかりが頭をめぐり、今とても苦しい思いをされているのかもしれませんね。

そんなあなたが過去の後悔から抜け出し、前を向く為に必要なことをお話したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

過去の後悔ばかりしてしまうのは今が苦しいから

過去の出来事や行いへの後悔ばかりが頭をめぐる・・・

そんなあなたは今、置かれている現状に苦しさを感じているのではないでしょうか。

私は以前、確認不足によりある訪問看護のご利用者様に大変迷惑をかけてしまったことがありました。

その失敗が発覚したのは、ご利用者様からのお電話が事務所にあったことによります。

私は、そのご利用者様に対して、当時少々苦手意識がありました。

ですから、これから謝罪に行かなければならないという状況なわけですが、正直行くのがすごく怖かったのです。

なので、起こった事実を受け入れられず、何回も何回も頭の中で「あの時こうしていれば」と反芻してしまいました(^-^;

ですが、そんなことをしてもしんどさが増すだけなんですよね。

そして、自分がしたことをきちんと認めて受け入れることがでいていないので、おそらくそんな状態でご利用者様に会いに行っても、中途半端な対応しかできないでしょう。

なので、私は腹をくくりました。

しっかりと自分がしたことを事実として受け入れることに決めたのです。

その上で自分に今できることを考えました。

そして、ご利用者様に一切の言い訳をせずきっちり心から謝罪し、今後はこうしていくと約束したのです。

はっきり言って、ご利用者様の対応は厳しいものでしたよ。

ですが、こちらの偽りない気持ちが伝わったのか、最後はとても穏やかでした。

実はそれだけではなくて、この件をきっかけに、そのご利用者様との関係性がとても良いものに変化したのです。

過去を後悔ばかりしてしまうというのは、

「現状の苦しみの原因を過去に探し求めているから」

なんですよね。

「ああしていれば良かった」

「こうしていれば今こんなことにはなっていなかった」

など反芻し、今置かれている状況を嘆いているのです。

ですがどんなに過去を後悔しても、過去を変えることはできません。

「そんなことはわかっているよ!でも後悔してしまうから苦しいんじゃない!」

そう思われるかもしれないし、私も思ったことがあります。

それでもやっぱり、前に進むためには、

「過去は変えられない」

ということをしっかりと受け入れる必要があるのですね。

そして、その上で過去を受け入れます。

過去を受け入れるとは、過去に起こった出来事や行いを、

「事実としてありのままに受け入れる」

ということです。

これは辛いことかもしれないし、苦しいことかもしれません。

けれども、ここがしっかりできてこそ、前に進む方向に考えをシフトしていけるのだと思います。

過去の後悔はこれから先を上手くいかせる糧になる

先ほどの私の訪問看護での事例では、起こった出来事と自分の行いをしっかり受け入れて、今できる精一杯のことを行なった結果、ご利用者様との関係が思いがけず心地良いものに変わりました。

ですから今となっては、苦い失敗体験でしかなかった出来事が、私の中で後悔ばかりの存在ではなくなったんです。

ここであらめて述べますが、過去の辛い出来事や失敗は、どんなに考えても変えることはできません。

ですが、「過去の存在価値」は、変えることは変えることができるんですね。

過去に起った出来事や失敗は、考えると辛くて苦しいものかもしれません。

しかし、必ずそこには気付きや学びなど、得ているものがあるはずです。

なので、そこに気づけると、過去の後悔をこれからの人生を上手く行かせるための糧もできるのです。

そのためにまずは、後悔している過去の事実をまずしっかりを受け入れることが大切になります。

そしてさらに、今目の前のことにもしっかり目を向け、起きている事実を把握するのです。

「今何が起きているのか」

という、

「事実」

をしっかりと理解します。

ここで間違えてはいけないのが、

「事実」

とは

「思い込みで解釈した現実」

ではないということです。

何が起きているのか、客観的な事実を整理するのです。

そして、「今何ができるのか」をしっかり1つ1つ洗い出し、コツコツと行動に移していくことが大切になります。

まとめ

今苦しい状況にあると、過去を後悔してしまうのは無理もありません。

しかし、ただいつまでも過去を後悔ばかりしているだけでは何も生まれません。

過去を受け入れ今にしっかり目を向けることは、とても苦しいかもしれません。

それに、受け入れてしまうと、今の現状に自分で対処しなければならなくなります。

でも、その対処の結果、どう物事が変化するかはわかりません。

なので、怖い・・・

それでも、やはり本当の意味で前に進むためには、過去の事実をまず受け入れることが必要なんですよね。

そして、今できることを全力で行うことが未来に続いていきます。

そうすれば、過去の辛い出来事の存在が、あなたの中で癒されていく可能性が出てくるのです。

最後まで読んでいただき、ありがとうごさいました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

毎日が劇的に楽しくなる方法がわかる無料メールマガジン
毎日が劇的に楽しくなる方法がわかる無料メールマガジン
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告