考えすぎる性格を直したい!考え癖に疲れた私が効果を感じた対処法

シェアする

気が付いたらいつも頭の中が忙しく動いている。

気分良くなるなら良いですが、しんどくなるような思考がぐるぐる止まらない場合には、本当に疲れますよね。

私も考え癖が強い方で、かなりしんどい思いをしていました。

特に人とのやりとりで、自分の言動に対する相手の反応とかですね。

あとは、人から嫌なことを言われた時もぐるぐる考えてしまいます(^^;)

そして考えているうちにさらに内容が膨らんで、余計腹が立ってくるんです。

仕事などで初めてのことをする時なんかも、頭からそのことが離れなくて何も手につかなかったり。

こういうことが日常茶飯事にあるので、いつも神経をすり減らして疲れてしまうんです。

そういう時、

「気持ちを切り替えるように」

とか、

「何か好きなことに没頭しなさい」

などアドバイスをもらうこともあったのですが、それがなかなか無理なんですよね・・・

でも、自分の傾向を丁寧に振り返ってみると、考え過ぎてしまう性格に対処する糸口が見つかったんです!

今では自分の思考をコントロールできるようになりました^^

コントロールできるとめっちゃ楽なんですよ♪

この記事では、私がどうやって考え過ぎる性格に対処したのかを残します。

かなり効果的だったので、ぜひ参考にしてみて下さいね!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

なぜ私はこんなに考え過ぎるの?この性格を直したいのに直せない葛藤

正直、いちいち難しく考えてしまう自分の性格に嫌気がさしていました。

考えるほどにしんどくなるのはわかっていても、気が付いたら考えてしまっているんです。

寝る前の布団の中でもそんな感じで、頭の中がカッカとしてしまい、全然眠れないなんてこともよくありました。

そして、翌朝めちゃくちゃ疲れているんです(^^;)

でも、考えるのをやめようとしてもやめられません。

止めようとすると余計考えてしまって、考えるのを止められないことにイライラするという悪循環に。

もう葛藤しまくりです。

ですが、それも今はありません。

内容によっては考えることもありますが、その頻度は劇的に減りました。

以前と今との決定的な違いは、

1、今は考える暇がない

2、今は考える必要がない

ということです。

どういうことか詳しくお話します。

1、考える暇がない

これは単に今が忙しいっていうことではありません。

忙しさは、たぶん以前の方がはるかに忙しかったと思うんです。

ただ、以前は時間に追われてがむしゃらに忙しかったという感じです。

人生の目的とかが曖昧で、ただ流されるままに毎日の生活をこなしている状態だったんですね。

あれをしようこれをしようという自主的な目的がなくて、常にさせられている感じ。

なのでいつも頭の中に、日々の出来事や問題がぐるぐる回る隙がたくさんあったわけです。

一方今は、常に自分の中の目的をもって生活しています。

ですから、意識がそちらに向いているので、余計なことを考えている暇がないという感じですね。

2、考える必要がない

そもそも、いろいろ考えが浮かんでくるのは、気になっていることがあるからなんですよね。

意識しているか、無意識かはわかりませんが。

自分自身を振り返ってみると、1つは感情の消化不良があったかと思います。

例えば、誰かとのやりとりの中で、理不尽に思うことがあったとします。

その時、心の中には怒りや悲しみ、悔しさなどの感情が渦巻いていたかもしれません。

でも、それを何らかの理由で抑制してしまった場合には、行き場をなくした感情がいつまでも中途半端に残ってしまいますよね。

あともう1つは、頭の中が情報過多で整理されていないということです。

自分の思い、人からの意見、世間の常識、不安なこと、気になることなど、いろいろな情報がごっちゃになっているんですね。

1つ1つをきちんと認識して処理できていないものだから、何回も考えなければわからなくなってしまいます。

ですが、今は常に頭の中の情報が整理されていて、感情もその都度上手く処理できているんです。

なので、いつもスッキリとしていて、考える必要がないということです。

では、どうすれば考える暇と必要がなくなるのでしょうか。

その当たりを私がどうしたのか次に記載していきます^^

考えすぎる性格を直したいと悩む状態から私が抜け出せた理由とは?

私が今はぐるぐる考え続けることが少なくなって楽になった理由は、上記に記載しているように、

1、考える暇がなくなった

2、考える必要がなくなった

以上の2点です。

そして、上記2点の状態になるポイントは、

1、流されるのではなく目の前のことを積極的に楽しむ

2、感情をリアルタイムに処理する

3、頭の中の情報をスッキリさせておく

以上の3点が特に重要だと感じています。

1つ1つ詳しくみていきます。

1、流されるのではなく目の前のことを積極的に楽しむ

同じ考えるでも、楽しいこととかは別にしんどくないですよね。

どうにかしたいのは、恐らくしんどくなるようなか考えがぐるぐるすることだと思うんです。

ですから、自分がどうなりたいのかとか、自分がどうしたいのかといったことが明確になっていると、意識がいつもそこに向いた状態で生活するようになりますよね。

なので、他のことをあれこれと考える暇がなくなってくるんです。

今までは、嫌なこととか不安なことなどしんどくなることで頭がいっぱいだったのが、自分がどうなりたいかというところにフォーカスした考えに変わってくるということです。

例えば、嫌な出来事があっても、別の方面から捉えられたリ、今後に生かしていけるようになるんです。

自分の今後を実りあるものにしていける考えであれば、ぐるぐる浮かんできてもしんどくないし楽しいですよね!

こうなると、目の前の出来事を、一見嫌なことであっても、プラスにしていけるようになります。

なので、出来事に流されるのではなく、積極的に楽しんでいけるようになります^^

2、感情をリアルタイムに処理する

私は、結構感情を溜め込む方でした。

特に、怒りの感情ですね。

人に嫌われたくないので、良い人でいたかったのです。

人に迷惑ではない人間でいたかったんです。

ですから、すぐ怒ったり、イライラすることを良しとしなかったんですね。

すぐ怒ったり、イライラしていたりすると迷惑だと思っていたし、優しい人ではなくなると思っていたのです。

なので、そのような感情を表現するのはもちろんのこと、自分の中に存在しているのを認めることさえ許せなかったのです。

けれども、本当は感情には良いとか悪いとかはないですし、怒りや苛立ちも自然なもの。

人間らしさなんですよね。

「怒りや苛立ちを感じる=優しくない」とはならないんです。

私はここをすっかり勘違いしていました。

ディズニ―の「魔法にかけられて」という映画をご存知ですか?

アニメの中のプリンセスが現実世界に放り出され、そこで人として女性として成長していくお話です。

そして、そのお話の中で、ヒロインのプリンセスが、ある出来事に対して怒るんですね。

でも、その怒りの感情に気づいたプリンセスは、「私怒っている!素敵!」と喜び、踊り出すんです。笑

(セリフの詳細はちょっと違うかもしれないのですが・・・)

アニメの世界では、怒りの感情をあまり認識することがなかったのかもしれませんね。

なので、怒りの感情がすごく新鮮だったのでしょう。

どんな感情も必要があって出てくるもの。

なので、1つ1つ丁寧に取り扱うことが大切なんですよね。

きちんと自分の中の感情の存在を認めることで、感情は適切に処理されます。

3、頭の中の情報をスッキリさせておく

これも結構重要だと思います。

私はかなり情報収集魔でした。笑

自分の考えや思いに自信が持てなかったんです。

常に正しいか正しくないか、周りの人にどう見られるかということを気にしていて、物事の判断基準をいつも外に探していました。

ですから、人に聞いたり、書籍で調べたり、ネットで検索したりと情報を得ることに必死で。自分の考えというのを全然大切にできていませんでした。

また、考えるばかりで行動しませんから、自分で体感する機会が少なく、頭の中だけで勝手にストーリーを作り上げてしまうんです。

なので、そのうち頭の中が情報でいっぱいになってしまって、考えや思いが誰のものなのかがわからなくなってしまいました。

こうなると、いつも自分の外に振り回される状態となりますよね。

これはすごくしんどかったです(^^;)

考えすぎる性格を直したいあなたにおすすめの方法はこれ!

考える暇と必要がなくなれば、必然的にぐるぐる考えてしんどくなるということも減ってきます。

そして、そうなるポイントとしては、

1、目の前のことを積極的に楽しんでみる

2、感情をリアルタイムに処理する

3、頭の中の情報をスッキリさせておく

と振り返りました。

では、上記3つのポイントを押さえるには、具体的にどうすれば良いのでしょうか。

私が行なったことは、下記のことでした。

1、頭の中がぐるぐる考えごとをし出したらそのままにしない。

とりあえず、考えている自分に気づくことがまず大切です。

そして、考えを追わずに、受けて流すんです。

が、結構難しいんですよね、これが・・・

気づけるんですが、意識的に受け流すのが難しい。

なので、私はいつも考えだしたら紙に片っ端がら書き出しました。

★何にモヤモヤしてるかわからない時に効果抜群!アロマで心の浄化ワーク

自動書記みたいな感じで、考えや思いが降りてくるままに紙に書き出す感じです。

文章校正とか気にしません。

とにかく、気になることがあると、紙に書き出すようにしました。

そして一通り胸の内を書き出せたら、以下のことを行ないました。

具体的には、

・気になることをざっと書き出して、内容ごとに整理する

・それぞれの内容について、事実・自分の考え・感情にわけてみる

・何がどうなれば嬉しいのか書く

・できること、できないことにわける。

・いますぐできることを手帳に書き出す

・実行する

こんな感じです。

問題は何か、どうなれば良いのかを明確にして、今できることを具体的に絞り出してやってみます。

こうして紙に書き出して客観視してみると、考えても仕方がないことていうのも明確になります。

なので、考えても仕方がないことについては、割り切ります。

不思議ですが、書き出して目で見て認識すると、あんまり頭の中でぐるぐる考えることがなくなるんですよ。

面白いですね^^

ちゃんと思考や感情の存在を認めたからでしょうね。

2、自分の考えや感情、体感を大切に取り扱う

私はいつも周りの反応とか、意見や情報に左右されていて、自分というものがあまりありませんでした。

周りに合わせてばかりだったんです。

でも、それを少しずつやめ、自分の中の感情や、浮かんでくる考えを丁寧に拾い上げるようにしてみたんです。

ふっと浮かんだ考えを書き留めたり、苛立ちや怒りなどの感情も自分の中に確かにあるものとして認めるようにしました。

また、嬉しい楽しいといった感情も、さっと流してしまうのではなくてしっかり味わってみるようにしたんです。

例えば、人に話したリ、嬉しい思いや楽しい思い何かカタチとして残してみたり。

さらに嬉しい楽しい部分を探してみたり。

また、やってみたいとこはできるだけ実行することにしました。

以前は、忙しいからとか、今は気になる事があって落ち着かないからという感じで、やりたいことがあってもいつも先延ばしにしていたんです。

でも、ただ待っていても、暇になることも気になる事がなくなることもないんですよね。

なので、予定に組み込んでやるようにしたのです。

こうして体験することを増やしていくと、だんだん行動力があがってくるんですよ。

何かあるたびに石橋を叩きまくっていたのが、そう叩かなくてもさくっと動けるようになるんです。

頭で考えているだけより。行動して自分で体験する方が、はるかに実りがあることがわかりました。

経験が増えるたびにいろんな面で自信もつきますし。

行動するっていっても大きなことをするわけじゃないんですよ。

散歩したり、アロマしたり、過ごす環境を整えたり。

こういった事も、私は落ち着いた状態でないと取り組めないし、楽しめなかったんです。

でも、意識的に自分を楽しませる時間をつくっていくようにしてみました。

するとやっぱり気分が変わるんです。

最初は何をするのも、やりたいけどめんどくさいっていう思いもありました。

でも、だんだん隙間時間でちょっとしたことを楽しむっていうことに慣れてくるんです。

これができると、良い気分の状態が増えますから、考える内容も自然と上向きなことに変わってきますよね。

終わりに

いかがでしたか?

たくさん書きましたが、まとめとしましては、

1、頭の中が整理して、解決できることは解決して問題を減らす

2、身体を動かしたり、五感で心地良い体験をできる時間をつくる

3、気分はちょっとしたことで案外あっさり切り替わる

4、気分が良くなれば考える内容も変わる

上記のことが、ぐるぐる考え過ぎる癖を直すポイントになります。

何か1つでも効果を実感出来れば、そこから一気に流れをかえていけることも多いですよね。

また、いろいろ実践して継続していく中で自分の傾向もわかってきます。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

毎日が劇的に楽しくなる方法がわかる無料メールマガジン
毎日が劇的に楽しくなる方法がわかる無料メールマガジン
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告