気分屋な先輩看護師の顔色が気になって仕事がしんどい…どうしたらいいの?

シェアする

どこの職場にも1人はいる気分屋さん。

機嫌の良い時は対応も穏やかで、とっても関わりやすかったりするけれど、機嫌が悪いと途端に態度がコロッと変わってしまう・・・

どんな人も気分の変動はある程度あるものです。

けれども、機嫌の良い時と悪い時とで、言うことも態度も一転してしまうほどになると、周りの人は戸惑ってしまいますね。

特に看護の現場では、報告連絡相談が欠かせません。

経験年数の浅い看護師さんなどは、確認しておきたいこともたくさんあるでしょう。

看護師人数が少ない職場では、一緒に働く先輩もいつもだいたい同じになったりしますよね。

その先輩が気分屋さんだと、仕事へ行くこと自体が憂鬱になってしまうこともあるのではないでしょうか。

関わらなくて済むならその方が良いけれど、そうもいきません。

報告連絡相談を怠った結果、患者様に迷惑がかかってしまうことになれば大変ですものね・・・

では、どうすればもっと穏やかな気持ちで、気分屋の先輩と関わることができるのでしょうか?

ここでは、私自身の体験をもとに振り返り、対策を考えてみたいと思います^^

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

気分屋な先輩。どうしてそんなにコロコロ変わるの?

気分屋な先輩看護師がいても、関わる機会が少ないのであればそんなに困ることはないかもしれません。

でも、そういう先輩に限って何かと用事があったり、関わる機会が多かったりするものですよね(^^;)

その気分屋な先輩看護師が、その職場の中で力のある存在だったりすると、職場の雰囲気自体を左右します。

気分屋な先輩の機嫌が悪いと、職場に入った瞬間わかったりしますよね。

なんだか、空気がピリピリと・・・

そして、1つの内容でも、機嫌の良い時に相談した際にはすごく良い感じの反応だったのに、あらためて確認したりすると、「何でそうするの?!」なんて目くじら立てて怒っている、なんてこともあるものです。

これ本当に疲れますね(^^;)

なんでこんなにコロコロと気分が変わっちゃうのでしょうか。

ある意味、気分屋さんは自分の感情に素直な人なのだと思います。

そして、自分がこうしたいと思う通りにしたい。

決して悪い人じゃないんですよね。

気分屋な先輩との関係が楽になる考え方は?

気分屋な先輩看護師さんと関わる時、私の場合はいつもその反応を気にしていました。

何か看護の仕事で問題があった時報告するわけですが、その時の気分により反応が大きく違うんです。

なので、今日はどんな反応だろう・・・と報告するまで気が気じゃありません。

自分のミスで問題が起きたなら、それはしっかりと受け止めて振り返りが必要です。

でも、ミスって言うか、「こう考えてこうしようと思う」みたいな内容の報告で、別に何が間違いとかではない内容もありますよね。

そのような場合にも、気分屋な先輩のその時の気分次第で、怒られたり、簡単にOKが出たりというように、その時によって対応が全然違うと、すごく疲れちゃいます。

そう、気分屋な先輩の反応を気にして行動しなければならないことに疲れるんです。

「今の機嫌はどうか」

「もう少し後の方が良いか」

「怒られないと伝え方はどうすれば良いか」

こんな感じで、気分屋な先輩を中心に動かなければならない状態に疲れるんです。

もちろん、連絡報告相談のタイミングや方法など、考えなしにするのはまずいと思います。

ですが、調べることは調べて、考えることは考えて、最善を尽くした上でのこちらの行動に対しても、先輩の気分によって対応が変わるということであれば、これはもう仕方がありません。

仕方がないと、割り切ることが一番だと思うのです。

また、気分によって言う内容が変わることについては、これはちょっと困ります。

ですので、患者さんへの看護の方法や対応など何か相談や報告した場合には、その相談した内容と結果を、いつも私は文章として残しておくようにしました。

そして、もし後々機嫌の悪い時に何か言われた時には、さりげなくそれを見せて(笑)

こうすると、案外「はっ」となって、対応が穏やかになることもあるんですよ^^

まとめ

気分屋さんの気分の波は、なんとかしようとこちらが頑張っても仕方がありません。

顔色は気になるかもしれませんが、気にしたところで何か変わるわけじゃないんです。

そうやって気分屋な先輩看護師の機嫌とりにエネルギーをとられている間に、他のことがおろそかになってしまっては大変です。

なので、あまり気にせず、自分にできることに意識を集中させましょう。

そして、連絡報告相談は、もし可能であれば機嫌の良さそうなタイミングを見計らってしたら良いと思いますが、必要に応じて淡々としていきましょう。

気分屋な先輩の気分がどうであれ、やるべきことをきちんとやっていれば、何も問題はないはずです。

本当に大切にしたことにエネルギーを向けていきたいところです。

・・・と以上が、私自身振り返ったことです^^

参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

↓↓人間関係に悩んでいる看護師さん必見!!

看護師を辞めたい理由のほとんどは人間関係?!私はこうやって楽にした

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

毎日が劇的に楽しくなる方法がわかる無料メールマガジン
毎日が劇的に楽しくなる方法がわかる無料メールマガジン
うつ病の家族との適切な関わり方がわかり、安心して過ごせるようになるメ-ルレッスン
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告