嫌いな人が頭から離れない状態からスッキリ解放される具体的な方法

嫌いな人が頭から離れない状態からスッキリ解放される具体的な方法仕事・人間関係の悩み
この記事は約8分で読めます。

嫌いな人なのになぜか無意識にいつも考えてしまう・・・

楽しいことや好きな人のころならいくら考えても良いかもしれません。

でも嫌いな人が頭から離れない状態というのは、とても不快ですね(^^;)

考えるのをやめようとすればするほどに考えてしまい、イライラが爆発!

嫌いな人にも、考えてしまう自分に対しても腹が立ち、涙まで出てきたリすることも・・・

こんな場合、どうすればこの辛く不快な状態から解放されるのでしょうか?

 

この記事では、

「嫌いな人が頭から離れない心理とその状態からスッキリ解放される方法」

をお伝えしたいと思います^^

 

 

 

嫌いな人が頭から離れない心理とは?

 

 

私も、過去に職場の同僚で、考えたくないのにいつの間にか無意識に考えてしまう嫌いな人がいました。

私をご存知の人には、「門野さんにも嫌いな人がいるの?!」なんて言われることがありますが、います。

 

私も人間ですから。笑

それも1人ではなく、これまでの人生の中では数名いました。

 

ですが、今はその方々のことも嫌いな人ではなくなっています。

むしろ、今となっては感謝していて、思い浮かべても穏やかな気持ちでいられます。

だからこの記事を書けるのわけですが(^^;)

 

でも、当時は本当に苦しかったんです。

常にその嫌いな人が頭の中に出てきて、話しかけてくるんですよ。

それも、言ってほしくないことばかりを頭の中で言い続けられ・・・

 

実際のやりとりの場面が、頭の中で繰り返されることもよくありました。

考えるのをやめようとすればするほどに、考えてしまうんです。

 

その理由はなんだろうと考えました。

すると、ある心理が見えてきたのです。

 

それは、

「嫌いな人がいるのはいけないこと」

そう思う心理です。

 

私は、「優しい」「穏やか」「癒し」そのようなことを人から言われることがよくありました。

そして、そうあることが自分であり、それらの要素がなくなれば、人が離れてしまうと思ってきたのです。

 

 

ですから、「優しい」「穏やか」「癒し」といったイメージを守りたい、という気持ちが強くあったのですね。

 

そのため、「嫌いな人がいる」というのは、私が守りたいイメージにはあってはならないことだったのです。

なので、嫌いな人がいるということ自体いけないことだし、嫌いな人がいる自分を認めるのが嫌だったのです。

 

ですが、価値観や考え方など違ういろいろな人が共存する中で、合う人、合わない人がいるのは自然なことです。

どうにも自分の価値観や考え方には合わない、どうしても受け入れられないという人がいても、なんら不思議はないのです。

 

その自然な感情をなかったことにしようとするから、かえって頭に浮かんでしまうんですね。

 

でも本当は、嫌いだとか、苦手など、一見ネガテイブに思える感情も、大切なものなのです。

なのでまずは、素直に自分の中に生じたその感情を認めてあげることが大切です。

 

 

 

 

嫌いな人はあなたの人生に重要な存在だった?!

 

 

「嫌いな人」

 

そもそも、一体その人はあなたにとって、どんな存在なのでしょうか?

頭から離れないほどに嫌いな人というのは、ある意味特別な存在とも言えますよね。

 

だって、あなたの心をつかんで離さない存在なわけですから。

そんな、考えたくないのに自然と頭に浮かんできてあなたの感情を激しく揺さぶるあの人。

そのような人は、

「自分の心(魂)を成長させ、人生を豊かにしていくために必要なことを気付かせてくれる存在」

私は、こう捉えています。

 

こう聞くと、はらわたが煮えくり返りそうになっている人もいらっしゃるかもしれませんね(^^;)

ですが、どうかページを閉じず、続きを読んでみてください。

なぜなら、嫌なのに頭から離れないあの人を通して、

「ご自身の本当の思い」や「ステップアップするために必要な大事なこと」が見える可能性があるからです。

 

誰かを嫌いと感じたり、合わない、苦手と感じることを通じて、

「自分の心(魂)を成長させ、人生を豊かにしていくために必要なこと」

を気付かせようとしてくれているのです。

 

少し振り返ってみて下さい。

頭から離れないくらい嫌いな人というのは、

「単純に嫌いというわけではなく、デリケートで重要なあなたの心の深い部分に触れてくる相手」

ではないでしょうか。

 

例えば、

1、心の傷をつついてくる

2、人には見せたくない感情を見透かし、指摘してくる

3、自分のことを良く思っていない

4、自分がもっていないもの(もちたいもの)をもっている

5、自分の中の「こうあるべき」から外れている

6、自分自身に似ている(自分の嫌な部分が)

 

上記のことをベースに、嫌いで頭から離れない人に対して、あなたが抱いている思いし意識を向けてみてください。

すると、自分でも気付かなかった本音が見えてくるはずです。

そして、

「その本音に気づき、認める」

これにより、嫌いな人への思いが薄れ、頭から離れないということも減ってくるでしょう。

 

 

 

嫌いな人が頭から離れない状態がスッキリ解消!具体的な方法とは?

 

 

上記では、嫌いな人に対する自分の本音を知り認めることとお伝えしました。

とは言え、まずは不快過ぎて客観的に心理を見つめることは難しいですよね(^^;)

なので、嫌いな人が頭から離れない状態からスムーズに開放される具体的な方法をお伝えしたいと思います。

あなたがやりやすいものから試してみてくださいね!

 

1、物理的に会わないようにする

例えば、同じ職場の人ならば顔を見なくて済むようにする、つまり部署移動や転職ですね。

簡単なことではないですが、頭から離れなくてしんどいというのであれば、この選択肢も1つでしょう。

また、なんとなく付き合っている友人で嫌いというわけじゃないんだけどなんか一緒にいるとイライラするとか、頭から離れないというケースもあるものですよね。

そういう場合には、連絡を控えるなど、距離をもつのも1つ。

ただ、その場合でも、どうしてその相手を嫌いに思うのかなという点については振り返っておくことをおすすめします。

そうでないと、また同じようなパターンで嫌いな人が出てきます。

 

2、あえてじっくり話してみる

これは、相手のことを本当には嫌いというのではなく、どちらかというと好きなんだけど嫌いというか、複雑な感情ありますよね。

その他、ちょっと怖いとか、なんとなく存在が苦手だとか。

あと、憧れているけどちょっと嫉妬があるとか。

そういう場合には、あえて積極的に話をして、相手を知って理解してみるのもおすすめです。

案外、誤解があったり、実は思っていたような人ではなかったとか、相手を知ることでほどけてくる思いもあるものです。

相手を知ることで、一番仲良しになるケースも!

感情揺さぶられるくらい嫌いな相手と話して理解し合えた場合には、すこんとブレーキが外れて楽になることもあるんですよ!

相手と話すことで、自分に向き合えるわけですね。

 

3、浮かぶままに紙に書き出し噴火してみる

これは気負うこともなく簡単にできると思います。

用意するのは、1人で過ごせる場所と紙とペン。

浮かんでくるままに書きなぐり、全身から火山噴火するかのように怒りの感情を爆発させるんです。

私はこれ結構好きです^^

イメージの効果はなかなかのもので、噴火のイメージとともに、溜まっていたイライラや不快なエネルギーをど~んと、外に追い出せるんです。

ぜひおすすめです。

 

まずは、上記の方法で気持ちが少しおさまった段階で、ご自分の心理に目を向けてみるのがおすすめです。

 

 

終わりに

 

 

嫌いな人が頭から離れないというのは、本当にしんどいと思います。

でも嫌いな人への思いを振り返ることで、自分の本音が見えてきます。

そしてその気づきは、きっとあなたの心を成長させ人生を豊かにしていくはずです。

なので、ただ悶々ととらわれているだけは勿体ない!

具体的な対処をして、今の不快な状態からスッキリ解放されましょう。

 

ステップをまとめます。

まずは、ご自分の中に生じている、嫌いな人に対する感情を素直に受け入れましょう。

自分の中に、こんな思いがあるのだとしっかり認識するだけでOK。

続いて、

1、物理的に会わないようにする

2、あえてじっくり話してみる

3、浮かぶままに紙に書き出し噴火してみる

以上の方法をとり、不快レベルを一旦下げます。

そして、気持ちが落ち着いた段階で、嫌いな人に対する思いに目を向ける。

 

この流れで対処してみて下さい。

きっとスムーズに不快な状態から解放され、心をステップアップできますよ♪

タイトルとURLをコピーしました