なかなか行動できない人必見!行動力が劇的に上がる簡単な方法とは?

シェアする

人生の中で「こうなりたい」「これをしてみたい」など思っても、

「でも私には無理」

「できない」

「ありえない」

など、こんな思いがブレーキをかけることありませんか?

また、

「こんなことしたら周りの人がどう思うか」

「失敗したら恥ずかしい」

「 家族は・・・」

「友達は ・・・」

「ご近所様は・・・」

こんなふうに、周りの人がどう見るかなど、世間体を気にして行動できないということもありますよね。

実際にできるかできないかは、やってみなければわかりませんね。

ですが、行動に移す前に、自分の心の中でブレーキがかかり、動けなくなってしまうわけです。

それってすごくもったいなくないでしょうか?

だって、もし行動に移してみたら、思いのほか素晴らしい展開が待っているかもしれないというのに・・・

もちろん、期待するような結果が得られないケースもあるでしょう。

それでも、行動することにより、何かしら次につながる気づきや学びは確実にあるはずです。

この記事では、考え過ぎたり世間体が気になったりして、

「なかなか行動できないというあなたがあっさり行動できるようになる、心のブレーキの外し方」

をお伝えしていきますね!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

なかなか行動できないのは心の中にブレーキがあるから

ものごとのできるできないっていうのは、能力や環境というのもあるかもしれません。

しかし、多くの場合根底にあるのは、

「自分自身の心の中にあるブレーキ」

なのです。

ですから、このブレーキが少しづつ外れていくと、これまでできなかったことができるようになったり、叶わなかったことが叶えられるようになったりするんです!

私も、自分のことを振り返ってみると本当に面白いですよ。

少し前までの自分だったらありえなかっただろうなっていうことを、今では当たり前のような顔して行ってたりします。笑

ただ、肝心なのは、

「自分自身の心のブレーキを、一体どうやったら外せるのか」

ということですよね。

実は、とっても強力な方法があるんです!

それは・・・

「これまでしたことがないことをやってみる」

普段の自分ならしないだろうことをどんどんやってみるということです。

「は?いやいや、それができないから困ってるんでしょ!」

と言う声が聞こえてきそうです。笑

何も、人生を左右するような大きなことじゃなくていいんです。

日常の中で、やりたいけどちょっと勇気いるなとか、ちょっとめんどくさいな~って思うことを、あえて実行していくということなんです。

なかなか行動できないあなたにおすすめは小さな体験を重ねること!

先日、1人カラオケデビューしました^^

私は月に1~2回、高松にいる祖父母の身の回りのことなどをしに行っています。

少し前までは、手続き事とかびっちりで時間もなかったのですが、最近は少し落ち着いてきて、少し楽しみの時間もとれるようになってきたんです。

それで、ふと高松の町を自転車で走っているとカラオケのお店が結構あって、だんだん行ってみたくなったんですよね^^

最近は1人でカラオケへ行く人も増えているみたいだし、1人カラオケ専門のお店などもあるようですね。

それでも、私の中では、1人でカラオケに行くことはすごくハードルが高かったのです。

なんか恥ずかしいというか、

「あの人1人でカラオケに来てる。くすくす。笑」

なんて思われたら嫌だなと思っていて(^^;)

別に見知らぬ人にどう思われても関係ないのですが、いざカラオケのお店の前に行くと、たじたじしていました。

数名のお客さんが目に入ってくると、

「みんな一斉にこっち見たらどうしよう・・・」

など思うんです。

もしかしたら、1人カラオケなんて全然平気でしょ!って思われているかもしれないのですが、私にはハードルが高かったんです。

でも、先日思い切って行ってみました!

そして、感想は・・・

「なんてことないやん!めちゃ楽しいやん!」でした^^

店員さんも気さくで普通に対応してくれるし、1人の利用者さんもちゃんといました。

というか、私が利用した時は、どうも1人カラオケに人が大半でした。

お伝えしたいのは、もちろん「1人カラオケは良いよ~」という話ではありません。笑

そうではなく、

「やりたいけどできないと思っていたことをやったことで、私の中のブレーキが1つ外れた」

ということなんです。

小さな成功体験をするたびに行動できる私をインプット!

本当に、日常の中の、ちょっとしたことで良いんです。

やりたいけどできないと思っていたことを、とにかくたくさん体験することです。

これにより、ブレーキが1つ、また1つと外れていきます。

小さな行動で良いから、この体験をたくさんしていくうちに、だんだん行動が楽になります。

特に、

「人からどう思われるかが気になってできないでいたこと」

「ちょっと恥ずかしいなって思ってたこと」

など、世間体が気になってできなかったことを、どんどんやっていくと良いですね。

それで、実際行動してできた時、ほっとしたり、嬉しくなったり、ちょっと力抜けると思うんです。

その時に、「私できるやん!」というのをインプットすると良いんです^^

まとめますと・・・

普段しないようなことやこれまでならやってこなかったことをすることで、自分の中の制限が1つポロッと外れます。

その瞬間、潜在意識に隙間ができます。

そこに、「自分はできる」っという信念をインプットするということです。

あなたは、アファメーションってご存知ですか?

アファメーションとは、こうであったらいいなっていう状態を、自分を主語にして肯定的に宣言する方法です。

例えば、

「私は日々良くなっていく」

とか

「私はどんどん魅力的になっていく」

とか

「私は毎日仕事が楽しいと感じている」

こんな感じですね。

アファメーションを繰り返し唱えていると、やがて潜在意識にインプットされて、その通りになっていくと言われています。

ただ、こうなりたいと望みながらも、「いやいやそんなの無理だよ」など、なんだかしっくりしない否定的な気持ちがわき上がることありませんか?

それがあると、なかなかアファメーションが深いところに入っていかないんですね。

でも、これまでできなかった体験をやった瞬間にアファメーションをかけてやると、 スコーンとあっさり入っちゃうんです!

なかなか行動できなかった私が周りから行動力があると言われるように!

私も数年前までは、本当に腰が重かったんです。

行動する前に頭であーだこーだと考える方で(^^;)

石橋を叩いて叩いて叩きまくって、渡る前に割れちゃうっていう感じですね。

けれども、小さな行動をとにかく重ねていきました。

すると体験が1つ増えるごとに、体験することへの抵抗が薄れていくのがわかりました。

今でも、行動する前にいろいろ考えることはもちろんあります。

それが、人生を左右する可能性がある大きなことであればなおのこと・・・

けれども、数年前よりははるかに動けるようになりました。

今では、すごい行動力と周りの人に言われることも。

終わりに・・・

行動する前に慎重に考えることは時に必要です。

なんでもかんでもやれば良いというのものではありませんものね。

危機管理も大切ですし。

ですが、心からやりたいことがあるのに、できない理由が「世間体」とか、「なんか難しそう」いうような思い込みの場合も多いですよね。

それが強すぎると、せっかくのチャンスをどんどん逃してしていくことになります。

長いようで短い人生。

やっぱり後悔はしたくないですよね。

やっとけば良かった思うぐらいなら、やって失敗する方がはるかに得るものがあります。

でも、わかっていてもやっぱり動くのは怖い・・・

そういうのを少しずつでも減らしていけると楽ではないでしょうか?

日常の小さなやりたいことをたくさん体験し、ブレーキを外しながらできる私をインプット!

これはおすすめです♪

ぜひ参考にしてみてくださいね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

毎日が劇的に楽しくなる方法がわかる無料メールマガジン
毎日が劇的に楽しくなる方法がわかる無料メールマガジン
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告