お金がなくて将来が不安という独身女性のあなたがまず最初にすべきこと

シェアする

将来のお金の不安は、多くの人が感じていることだと思います。

将来のお金の不安が全くないという人は、ほんの一握りいるかいないかではないでしょうか。

とは言え、お金がないというのがいつも頭にあって、将来が不安で仕方がない状態だとすれば、それはとても辛いですね。

(お金だけではなく人生そのものに不安や焦りがある方にはこちらもどうぞ↓

人生に不安や焦りを感じられるというのはある意味チャンスかもしれません!)

私自身も少し前までお金の不安がずっとありました。

収入はないわけではないし、貯金もしているつもり・・・

けれども、お金がない、将来が不安というのが頭から離れないのです。

ですが、漠然と不安が消えないのには理由があったのです。

今思えばそりゃ不安になるのも仕方がないねと思うのですが、これはお金がなくて将来が不安だと感じている人の多くに共通する理由ではないかと思うのです。

この記事では、お金がなくて将来が不安というのがいつもある理由と、具体的にまず何をすれば良いのか、独身女性の視点で書いていきます。

独身女性としているのは、現時点で私がそうだからです^^

この記事を読むことで、お金がなくて将来が不安という独身女性のあなたの心が少しでも軽くなればうれしです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

収入はあるけどお金がなくて将来が不安と感じていた私の理由

私が将来のお金の不安を感じるようになったのは、遠方に暮らす祖父母の介護のために、それまで働いていたところを退職したことがきっかけでした。

退職してすぐは、今のように自宅サロンとまでは考えていなくて、週4回程度のパート勤務をゆっくり探そうかなと思っていたのです。

ですから、国民健康保険と国民年金の手続きをしたのですが、これまでは全部お給料から天引きされていたのが、自分での支払いになります。

そして、そのうち住民税の支払い請求も届いて、失業手当のほとんどはあっという間に消えました。

住民税は、前の年の収入で金額が決まるので、退職して収入がないとか関係ないんですよね(^-^;

大きなお金がどんどん出ていく不安。

年金は将来自分の生活の一部を支えてくれるものでもあるわけですが、とにかく手元からお金が飛ぶように出ていく感覚が怖かったのです。

実家で暮らしてはいましたが、両親も年金暮らしになっていますし、当然私も自分のお金を家に入れます。

長く勤めてしっかり厚生年金で支払い続けてきた父でさえ、もらえる年金金額はこうなのか・・・なども思うと、

自分はどうなるのかと急激に不安になったのです。

しかし、私はとても大事なことをしていませんでした。

それは、自分のお金が今どれだけあって、どんな風に流れているのかということを全く把握していなかったということです。

大きなお金がポンポン飛ぶように出ていって、定期的な収入がなくなってしまったということを感覚的に感じているだけだったので、それは当然不安になりますね。

以前常勤で看護師の仕事をしていた時は、毎月一定額のまとまったお給料の振込みがありますし、少々お金を使っても途切れることはありません。

年末調整だとか、厚生年金、健康保険料、住民税なども職場が全部してくれます。

私自身は日々の仕事で精一杯で、休日はぐったりしており、お金に関して考えることはほとんどありませんでした。ですから、お給料の明細書も手取りを見る程度。

ですが、毎月だいたい同じようなものなので、手取りを確認することさえもしない時もあったのです。

それまでの私は、お金についての知識がまるでなく、自分の持っているお金がどれくらいとか、どんな風にお金が流れているのか、実際のところを全然把握しようとしていなかったんですね。

そして、将来っていうのもすごく漠然としていて、具体的なイメージが全然なかったのです。

これでは対策のしようもありませんから、いつまでも漠然と「お金がなくて将来が不安」という気持ちは消えませんよね。

お金がなくて将来が不安?だったらまずはこれをしてみて!

将来のお金の不安があるならば、まずは現時点で自分が持っているものをしっかり把握することが先決です。

・通帳にどれだけ入っているのか

・収入はどこからどれだけあるのか

・毎月お金はどこからどこに流れているのか

・資産

・売ったらお金になりそうなもの

・ローンの有無

など、お金がどれだけあって、どう流れているのかをまずはしっかり把握するのです。

そして、年金を払い続けている人ならば毎年1回年金定期便が届きます。

そこを見ると、50歳以上であれば老齢年金のもらえる見込み額が、50歳未満であればこれまでの加入実績に基づく年金受給額が記されています。

加入年齢がまだ若いと、記されている年金受給額も少ないかもしれませんが、その後の支払い金額に応じて変わっていきます。

なので、自分がいつごろまで働きたいかとか、どんな暮らしがしたいか、何にお金をかけたいかといったこともイメージしていくと、あとどれくらいの金額が必要になるかということもざっくりとは把握できるかと思います。

年金は、受給できる年齢が上がるとか、金額が減らされるかもしれないなどの問題はあるかもしれません。

ですが、国の補償で一生もらえる年金は、やはり安心です。

私もこうして1つ1つ確認してみたら、思ったほど不安になる必要もなかったことに気がつきました。

具体的にあとどれくらい用意しておけば安心かなというのが見えてきたので、対策ができると感じたのです。

それに、お金の流れをみてみると、案外いらないものにお金を使っていて、合計すると結構な金額になるなということもわかりました(^-^;

また、今自宅にあるものの中には使っていないものもたくさんあって、メルカリなどで売ってみたら、思いの他売れていきます。

がんばれば月に1万くらいはメルカリで入ってきます。たった1万円と思われるかもしれませんが、やはり大きいです。

それに自宅の中もスッキリしていきますし、ネット販売の接客の練習にもなりました^^

お金の目途が経ち、いろいろ不安はあるものの、自宅サロンをしながら週1回の看護のを仕事をする今のスタイルになりました。

祖父母の介護のこともあるし、いろいろな事情を考えると、やはり今のスタイルでのお仕事が自分には良いなと思うので、たぶん今後再び常勤になることはないかな。

最近では、お金の預け先についても勉強をはじめてみました。

株とか投資信託とかって、私は危険なイメージが強かったのですが、慎重な父でもやっているのでちょっと勉強してみようと思ったんです。

すると、コツコツと月1000円から投資できる方法があることなど知りました。

少額だと、短期間で大きな利益というわけにはいきませんが、私が備えたいのは将来的なお金です。

なので、リスクは低くコツコツ長期戦でしっかりお金を増やすというところを目指したいと思います。

やっぱり、先入観とか中途半端な知識でいろいろ決めつけてしまうのはもったいなですね。

きちんと正しくお金についての情報を得ることができれば、対策の選択肢も増えます。

勉強は取っかかりは少々めんどくさいですが、今はとってもわかりやすい本もたくさんありますから、楽しみながらお金の勉強もできますしね。

おわりに

漠然と不安になる原因は、「わからないから」ということです。

なんとなく不安になる理由とは?心が晴れる超具体的な方法教えます!

1回ごとの金額はともかく、お金が入ってくる回数より、出ていく回数の方が大抵は多いですよね。

具体的なお金の流れはよくわからないけれど、とにかくお金が出ていっていると感じると不安になります。

そして、年金だけでは老後暮らしていけないとか、年金受給額が今後減っていくとか、不安になるような情報が飛び交っていますよね。

今自分のもっているものが把握できていない状態で、将来のイメージも漠然としていて、外からは不安になるような情報ばかりが日々入ってくるとなると、

「お金がなくて将来不安・・・」

となるのも無理はありません。

ですから、まずは、

・今自分がもっているものを把握する

・将来のイメージをつける

・お金の流れを知る

・お金の知識を得る

・今もっているものをどう増やせるか考えてみる

・今のお金の流れで改善できるところを考える

このように具体的なことをコツコツとしていくことで、将来のお金の不安が劇的に解消されていくはずです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

毎日が劇的に楽しくなる方法がわかる無料メールマガジン
毎日が劇的に楽しくなる方法がわかる無料メールマガジン
うつ病の家族との適切な関わり方がわかり、安心して過ごせるようになるメ-ルレッスン
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告