気分転換の方法をランキングでご紹介!効果も劇的に高める工夫も?!

おすすめの気分転換の方法

・なんだか最近物事がうまくいかない

・不安なことばかりで気持ちがどんよりする

・悩みや不満があたまをぐるぐるしてしんどい

・理由はわからないけどモヤモヤから抜け出せない

そんな時、経験あるのではないでしょうか?

何かきっかけや理由があって不調なのは間違いありません。

ですが、その理由が自分でもよくわからないということもありますよね。

調子が悪い時は、もっと調子が悪くなるような方向に物事を考えがちです。

そんな場合におすすめなのが、

「五感を刺激するような気分転換方法」

を試してみること!

私も本当にいろいろ試しました。

それはもう片っ端から(^^;)

ですが、自分に合う気分転換の方法を見つけられると、いつでも簡単にセルフケアできて気分良く過ごせることが増えるんです。

でも、自分に合った方法どころか、どんな気分転換の方法があるのかさえも思いつかない人もいますよね。

なのでこの記事では、気分転換の方法をランキングで紹介するだけでなく、効果を劇的に高めるコツも合わせてご紹介します!

ぜひ参考にしてみてくださいね^^

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

簡単にできる気分転換の方法は?効果倍増のコツは習慣化!

ここでご紹介する方法は、比較的簡単な方法です。

そして、効果もその時だけかもしれません。

ですが、たとえ一時的であっても、習慣的に取り入れていくことで、確実に心地良い時間は増えますよね。

そういう時間を増やすことで、脳が休まり心はクリアになるんです。

それではランキング形式で、それぞれの方法をご紹介します。

1、音楽

楽しい音楽

一番手軽で効果も感じやすい方法ではないでしょうか?

例えば、昔聴いていた音楽を久し振りに聴いてみたら、その当時の気持ちを思い出したということはありませんか?音楽は、聴いていた時の感情ものせますよね。

また、ドラマや映画などでも、挿入歌などによりそのストーリーの面白さが増大したり!

「あの曲が流れるとドキドキわくわくしてくる~」

なんてこともありますよね!

それくらい音楽は、人の心への影響が大きいんですよね。

なので、それをもっと積極的に使ってみましょう。

もちろん好きな音楽でも良いのですが、疲れている時や頭がぐるぐるいっぱいになっているような時は、癒しに特化した音源を用いるのもおすすめです!

例えば、自然環境音など高周波の音源ですね。

室内に流せば、その空間にお雰囲気が変わります。

ヘッドフォンで聴けば、心にダイレクトに響きます。

私のおすすめはいろいろとありますが、それままた別の機会にご紹介したいと思います^^

2、書き出す

書き出す方法も超おすすめです。

めんどくさいと思う人も多いかもしれませんが、はまるとかなり効果を実感できる人も多いですよ。

また、物事をいろいろ成功させているような人などは、みんなたいてい「書く」ということを習慣にしています。

ですが、気分転換の場合は、頭の中のごちゃごちゃをリセットする目的で書くのがおすすめです。

詳しくは、こちらの記事に記載していますので良かったら参考にしてみてくださいね。

何にモヤモヤしてるかわからない時に効果抜群!アロマで心の浄化ワーク

3、ストレッチ

気持ちが凝り固まっている時は、たいてい体もかなり凝り固まっています。

ですので、各部位を気持良くのばすだけでもエネルギーの流れは変わりますよ。

コツは、「じっくり丁寧に感じることに意識を向ける」です。じんわり血流も良くなりますから、頭へ新鮮な酸素も行きわたりやすく、思考が明るくクリアになります。

特に必要なものもなく、スペースがあればできますね。

お手軽で気分転換効果も高い方法ではないでしょうか。

4、散歩

これは、散歩できる環境や時間、タイミングなどもあります。

なので、めっちゃ手軽ということはないかもしれません。

ですが、晴れて気持ちの良い時に、自然の多い場所などをのんびり散歩していると、本当に気分が変わります。私も、わんちゃんと毎日散歩していて、楽しみの1つなんです。

コツは、散歩のコースをいろいろ変えてみることですね。

あと、目に入るもの、触れるものなど丁寧に観察してみるのもおすすめです。

鳥とか植物とかですね。

雲一つない空だったら、見上げてみると一気に視界が広がる感じもします。

また、時には2時間くらいの長い目の散歩も良いものです。

私も、すごくモヤモヤしていた時に何度か2時間くらいの散歩に出たことがあります。

短い旅のような気持で。

すると、折り返し地点にくる頃、心がワントーン明るくなったように感じたことが良くありました。

五感もたっぷり刺激されますし、血巡りも良くなりますから気分も切り替わりやすいですよね。

5、アロマ

これは私個人的にはすごく好きな方法です。

ただ、アロマテラピーを行う上で、精油の取り扱いなど注意点も多いです。

また、精油は種類にもよりますが、比較的高め。

ということで5位にしました。

ですが、嗅覚刺激は脳へダイレクト!

気分を一瞬でシフトさせてくれます。

私はよく何かする時に、拡散機でほのかに室内に香りを漂わせます。

即効性は感じにくいですが、じわじわっと気分が良くなってくるんですよ。

スプレーにして持ち歩き、日常生活のあらゆる場面でシュシュと使うのもおすすめ!

例えばお掃除ですとか、寝る前の枕などいろいろ!

おすすめの精油と、便利な使いみちはこちらの記事でご紹介しています。

ラベンダーとペパーミントのブレンドが超便利!私が大好きな使い方11選!

また、香りを通して自分の心にさまざまな気づきも得られます。

ここで詳しく語ると長くなるので省きますが(^^;)

また別記事で書きますね!

6、裸足で庭

これもよくやりました。

周りの目が気になって、情報や意見に振り回されてしまい、自分をなくしていた時期です。

裸足で地面に直接立ち、足裏に感じる刺激を楽しみました。

裸足で地面に立つ効果については、こちらに詳しく記載しています。

グラウンディングで心が安定、幸せ感じる!アロマで簡単グラウンディング

ただ、お庭がない場合には、少々やりにくかもしれないですね。

もちろん公園とか、草原みたいなところでしても良いですが^^

7、動植物に触れる

犬や猫など、動物がお家にいる場合は、思いきり戯れるのも良いかもしれません。

アニマルセラピーなんかもあるくらい、可愛い動物との触れ合いは心を優しく穏やかにさせてくれます。

自宅で動物のいない人も、ドッグカフェや猫カフェなどもありますよね。

また、専門に養成されたセラピードッグなども存在します。

震災などで心に傷を負った人のケアなどにも、セラピードッグは活躍していますよ!

一般財団法人 国際セラピードッグ協会

認知症があり、笑顔の少なかった祖母に、施設の職員さんがわんちゃんを見せて触れ合う機会をつくってくれたことがありました。

その時の祖母は、満面の笑みでしたね。

動物が好きではないという人には向いていないかもしれませんが…

また、綺麗な花など植物を眺めたり、触れたりするのも良いですね。

私は自宅にある大きな木に抱きつくこともあります。

安心するんですよ~

8、ハーブティ

美味しいハーブティや紅茶やコーヒーなど、香りを楽しみながらほっと一息の時間は最高です。

そこに、美味しい小さなお菓子などあるとまた気分上がります^^

食べ過ぎに注意ですが。笑

ハーブティなどは、それぞれに心や体のケアに役立つ効用をもち合わせています。

種類もたくさんあるので、お気に入りを見つけても良いかもですね。

ちなみに、カモミールティは、腹痛や安眠など、役立つ場面がいろいろありますよ~

カモミールの腹痛への使い方や体験について、こちらに詳しく書いています。

胃痛でカモミールのハーブティを飲んだら思っていた以上に助かった話

9、家事を丁寧にしてみる

家事はみなさん何かしらされているかもしれません。

ですが、家事に集中したことってありますか?

今は時短などの方法が流行りですよね。

そうではなく、時にめっちゃ丁寧にしてみるんです。

料理も、丁寧に工程を踏んでつくったり、掃除も隅々心を込めて集中したり。

いつもしていると疲れるし、時間もとれません。

ですが、時にそういう時間をつくってみるのはすごくおすすめです。

私も、たまに一か所の掃除とかやり出すと止まらないことがあります。

また、料理も簡単で美味しいものじゃなくて、めんどくさいけど美味しくて綺麗なものを丁寧につくってみるんです。

すると、出来あがった時の達成感は格別です!

それに、心を込めてつくったものを口にする時は、なんだか特別な気持ちにもなるんです。

誰かの衣類を洗濯したり、誰かに料理を用意する時も、相手の笑顔を思い浮かべながら、1つ1つの工程を丁寧にしてみます。

きっとすごく優しい気持ちになるはず!

10、蒸しタオル

手軽ですが、気持ち良いですよ~

フェイスタオルを濡らしてレンジでチンするだけです。

そして、寝転んで目の上に置いたり、首の後ろに敷いたりするんです。

とにかく気持ちが良いです。

やけどには注意ですが、やや熱めにしたタオルを使ってます。

身体も温まり、意識がとろ~んとしてきます。

かなり癒しの時間ですね。

私はパソコン作業の合間によくやります。

目に蒸しタオルをする方法の効果については、こちらの記事に詳しく書いています。

目の疲れにもアロマが役立つ!こう使う!超おススメの方法は?

11、フラワーエッセンス

フラワーエッセンスって御存知ですか?

フラワーエッセンスは、お花などの植物のエネルギーを水に転写してつくっています。

なので、アロマのように直接成分を取り扱うわけではないんです。

そのため、お花の香りなどもありません。

植物が持つエネルギーが私たちの感情に働きかけて、心のバランスを取り戻していきます。

スポイトがついているので、数滴口に含ませたり、水に混ぜて飲みます。

レスキューなんかもありますよ^^

私もめちゃはまった時期ありました。

気休めかと思っていたのですが、後で振り返るとめちゃ大きな変化を遂げていたという体験も…

また別の機会に記載できればと思います。

お金と時間がかかる気分転換の方法だけどおすすめ!

手軽な方法のご紹介だけでも語りまくりましたが、まだあります。笑

続いては、少々時間やお金がかかるけど良かった方法のランキングです。

1、笑いと感動のストーリーに触れてみる

例えば物語の本や、DVDなどですね。

時には映画館へ行くのもおすすめです。

昔は映画館に一人で行くことに抵抗がありましたが、一人の方がどっぷり浸れたりします。

DVDはよく観ますね。

私はファンタジーもので、ハッピーエンドをよく選びます。

また、笑いの多い内容も良いですね。

思い切り笑うと、一気に気分がスッキリします。

また、笑いの健康への効用もよくテレビなどで紹介されていますよね。

ファンタジーものは、現実的な世界から抜け出し、不思議な世界を旅することができます。

また、メッセージ性の強い内容も多いので、自分を成長させる気づきは得られることも。

2、銭湯で気分をリフレッシュ

バスタイムを満喫

最近はあまりしませんが、夜勤があった時はよく夜勤明けでスーパー銭湯に行きました。

平日の午前中ですと人も少ないですし、のんびりできます。

「昔は人前で裸になるなんて…」

と思っていましたが、誰も見ちゃいません。笑

普段とは違う環境でのんびりお風呂を楽しむと、心もリフレッシュされます。

せっかくお金を払ってお風呂に入るのだからと、めちゃ丁寧に洗ったりもしますしね。

3、一人カラオケ

私の住まいの近くにはカラオケはありませんし、仕事などもあるのでなかな行けません。

ですが、月に一回遠方の施設にいる祖父母のところに1泊2日で行っているので、用事の合い間に1時間だけ朝にカラオケに行くことがあるんです。

もちろん1人です。

以前は1人でカラオケなんて恥ずかしいと思っていたのですが、1人カラオケの人って今めちゃ多いです。

それに、何も気にせず思い切り歌えますし。

その気になって歌に入り込んで、一人だけの世界に浸ります。笑

ボイスレコーダーに録音して後で聴いて、自分で評価したり^^

大きな声をお腹から出すのって気持ち良いですよ~

4、マッサージなどのリラクゼーションサロン

やはりそれなりに値は張るので、そう頻繁には行けないのですが…

ですが、だからこそ、「この日に行く」と決めた日がすごく楽しみになります。

心も疲れているような時は、強いもみほぐしではなく、優しいトリートメント系のマッサージがおすすめです。

ふわふわと心も身体もゆるみます。

血巡りも良くなりますしね^^

5、ものづくりにチャレンジしてみる

ものづくりに興味がある人は、ちょっと高度なものにチャレンジしてみるのも良いかもしれません。

私は、大きなものではソファーや犬小屋などもつくったことがあります。

つくっている時も楽しいですが、つくりあげた時の達成感はたまらないです。

自分にもこんなものができたという自信にもつながります。

何か目的をもってつくると、よりやる気が出るかと思います。

6、一人旅してみる

親しい人とわいわい旅行も良いですが、一人旅も良いものです。

完全に旅だけを目的にして出かけたことはないのですが、遠方への用事がある時には少し遊びを加えます。

すると、少し億劫な用事であったとしても、少し楽しみにもなるんですよね。

例えば仕事の研修の時とか。

講義やグループワークは嫌だけど、「あれが終わったらあそこに行こう」という感じで、一人旅気分を味わっています。

何人かでいくのとは違って、ゆったり1つ1つを楽しめたりもしますよ。

もちろん、完全に一人旅を目的に出かけるのもいいですよね。

私も、いつか行ってみたいと思います。

コツがわかれば効果絶大な気分転換の方法はこれ!

最初はちょっと難しく感じるかもしれないけど、コツがつかめて継続できると、効果が絶大だと感じた方法をご紹介します。

心地良さが実感できると、もはやしないという選択肢はなくなるかも?!

1、ヨガ

ストレッチよりは少し高度ですが、普段しないポーズをして身体の感覚に意識を向ける時間は、とっても静かです。まさに「今、ここ」という感じで、すとんと落ち着きます。

身体が硬いとできないと思っている人もいるようですが、そんなことはないんです。

ポーズは上手にきれいにできないといけないわけではありません。

ヨガは、教室や講座も多いですし、地域の公民館などでも安く教えてくれるところもあります。

そういうところに通ってみるのも良いですね。

ですが、DVDつきの本もありますから、そういったものを観ながら自分でゆっくりじっくり楽しむのもおすすめ!

ダイエットにも効果的ですし、運動が苦手な人でも自宅で小さなスペースを確保すればできます。

慣れてしまえば、隙間時間にポーズをとってリフレッシュもできます。

2、瞑想

瞑想は最初は難しく感じるかもしれません。

ですが慣れてしまえば、トイレの中、電車の中、ちょっと何かを待っている間などにもできちゃいます。

ごちゃごちゃになっている頭の中をスッキリさせるのにぴったりですし、上手くできるようになるとすごく気持ち良いですよ^^

やってみたことはあるけど上手くできないという人は、ぜひこちらの記事を参考にしてみてくださいね!

瞑想がうまくできない・・・それとも本当はどうやっても効果なし?

3、イメージ法

好きな音源を聴きながらイメージ法を実践するのも、とても効果的な気分転換になります。

イメージ法は、幅広い目的で非常に役立つ方法です。

例えば、

・スポーツなどの上達

・発表会の前の予行演習

・叶えたい夢のインプット

・心を落ち着け穏やかにする

・眠りを促す

などなど。

心を穏やかにしたり、夢をインプットするイメージ法におすすめの音源はこちらにご紹介しています。

潜在意識で夢実現!イメージングが苦手なあなたにおすすめの音源は?

4、レイキヒーリング

ご存知ない方もいらっしゃるかもしれませんが、気功の一種だと考えて頂いて良いかと思います。

ただ、自分の中の気をつかうというよりは、全てのものを存在させる大自然・大宇宙のエネルギーを流す方法になります。

生きている限り誰にでも流れているエネルギーを、もう少し効果的かつ具体的に流す方法です。

本来の自分にかえり、もともともっている力を引き出していくという感じです。

レイキを流している時は、感じ方は人それぞれですが、心地良くふわふわした感じになる人は多いです。

私もいつも手を当ててレイキ流してます。

イライラしていても、す~と穏やかになっていけるので助かります。

興味のある方、インチキっぽいけど気にはなっているという方には、こちらの記事がおすすめです。

レイキはインチキ?胡散臭いと思いつつも気になっているあなたへ

納得していただけることが多々あるのではないでしょうか?!

それぞれの気分転換の方法をコラボで極上の時間を満喫!

ご紹介した方法は、単体でするものもちろん効果的。

でも、いくつかコラボさせると、より極上の時間が楽しめますよ。

私がよくする組み合わせは以下のような感じです。

香りと瞑想

・音楽+アロマ+レイキ

・音楽+アロマ+イメージ法

・音楽+アロマ+足浴(手浴)+ハーブティ

・ハーブティ+DVD

・ハーブティ+音楽+アロマ+本

・音楽+アロマ+ヨガ(ストレッチ)

・音楽+アロマ+瞑想+ハーブティ

・音楽+アロマ+家事を丁寧にする

それぞれが相乗効果になって、すっごく充実した気分の良い時間を過ごすことができるんです。

ストレス解消だとか気分転換は、一人じゃできないと思っている人もいらっしゃいます。

また、予定が埋まっていないと不安になるという人もいます。

ですが、そんなこともありません。

ひとり時間を上手に楽しめるようになると、心がとても充実しますよ。

なので、お休みの日には、ぜひご自分だけの極上に時間ももってみてはいかがでしょうか?

まとめ

気分転換も方法いろいろご紹介しましたが、やってみたいものはありましたか?

気分が悪い時は、何をするにも考えるにも悪循環になりがち。

引き寄せるものも、不快に感じるようなことがどうしても増えます。

それが脳のしくみなので、仕方ありません。

だからといって、無理やりポジティブにもなれませんよね。

そんな時には、「五感を使って体験」をすること。

これがとっても効果的です。

疲れた頭もスッキリクリアになり、気分もリフレッシュ。

心の状態が良くなれば、自然と考えることも快になりますし、引き寄せることも快になります。

なのでぜひご自分に合った方法で、セルフケアしてみてくださいね。

日々のケアが大切です^^

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

毎日が劇的に楽しくなる方法がわかる無料メールマガジン
毎日が劇的に楽しくなる方法がわかる無料メールマガジン
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告