他人の評価が気になる心理とは?心がスッと楽になる効果抜群イメージ法

シェアする

何をするにも何故か他人の表かが気になる・・・

「あの人にどう思われているか」

「こんなこと言ったら嫌われるのではないか」

など、いつも他人の評価が気になるので、ついつい本音を押し込めてしまいいつも心がモヤモヤする・・・

そして、心だけではなく体も緊張し、思うように行動もできない・・・

私は、以前いつもそうでした。

ですが、他人の評価が気にならなくなれば、もっと楽な気持ちで自然体で過ごせるようになります。

そして、これまでできなかったこともできるようになり、ものごとの選択肢も可能性も広がるのです。

この記事では、他人の評価が気になる心理は一体どういうものなのか、また、どうすれば他人からの評価が気にならなくなり心が楽になれるのか、とても簡単で具体的なイメージ法をお伝えします。

実際に行ってみると非常に楽になれると思いますので、ぜひ試してみてくださいね^^

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

他人の評価が気になる心理とは?

他人からの評価が気になる心理はどこからくるのか、細かく見れば理由はいろいろと上げることができますが、一番の根底には、

自分の価値を自分で認めることができていない」

というのがあります。

自分の存在価値に自分で気付いて認めることが出来ていない場合、

・役割をしっかりとこなさなければ認めてもらえない

・人の役に立つ事をしなければ好かれない

・家族の為に、会社の為に頑張らねば

・存在をアピールしないと気付いてもらえない

など考えてしまい、人一倍頑張り過ぎて疲れてしまうということがあるのです。

「人から認められることが自分の存在価値を確認する方法」

となっているので、無意識にいつも他人の評価を気にして頑張ってしまいます。

ずっとそんな感じだと疲れてしまいますが、

「自分が人の役に立ていない」

とか

「人から必要とされていない」

などと感じることの方が辛いのです。

私もずっとそうでした。

職場では特に無理していたように思います。

本当に根っから優しくて物腰もやわらかいスタッフのなかでは、ゆったりとした気持ちで過ごしていたように思います。

ですが、気分に波のある人や少々苛立ちやすいスタッフと一緒に仕事をする日などは、かなり顔色をうかがっていました。

案外相手は何も考えていなかったかもしれませんが、少しでもスタッフの表情が硬かったり、数名で集まって何か話していたりすると、

「自分のせいで機嫌が悪いのかも」

「自分の悪口かも・・・」

などと思いを巡らせて勝手にしんどくなっていたのです。

ですから、人よりも仕事の量をたくさん抱えて頑張ったり、朝は早く来て夜は最後まで残ってでも頑張ったりしていました。

みんなの手伝いとかもせっせとしたり、とにかく役割を人よりもこなさないといけない頑張らないと認めてもらえないと思っていたんですね。

そして、

「ありがとう、すごく助かった」

とか

「いつも頑張っててすごいね」

「本当にいてくれて助かります」

など言われると、安心するのです。

ただ、人から褒められたリ感謝されたりしたその時だけは安心感で満たされるのですが、人からの評価が全てなので、安心感は長く続きません。

そしてもっと人から必要とされたい、役に立ちたいと思ってさらに頑張ってしまうのです。

自分の存在価値に気付けると他人の評価は気にならない

人は誰でも、

「人から認められたい」

という欲求はありますし、なんら恥ずかしいことではなくごくごく自然な欲求です。

ですが、それがあまり行き過ぎると自分で自分の首をしめてしまうことになってしまいます。

自分の価値を人からの評価で確認するのではなく、自分自身で自分の存在価値に気付くことができると、人からの評価を気にすることが減りぐっと楽に過ごせるようになります!

自分で自分の存在価値を認めることができないというのは、幼少期の親子関係がとても大きな影響があると言われています。

親子関係だけでなく、幼少期に周りの大人との関りの中で心に傷か出来て癒されないままに成長すると、大人になってからの人間関係で周りの人の評価を気にして頑張り過ぎる傾向になるようです。

親御さんも周りの大人の人たちもたくさんの愛情を持って接してくれていたのだと思うし、その人なりの愛情表現をしていたことと思います。

ところが、その愛情を上手く受け取ることが出来ずに愛されていることを十分に感じられないままに成長すると、人から認められることをしないと、

「自分の存在価値」

を確認することができません。

ですが反対に、幼少期の親子関係や周りの大人との関りの中でできた心の傷が癒されていくと、自分の存在価値を自分で認めることができるようになるのです。

ありのままの自分を認めて安心感に満たされる

幼い頃に癒されなかった心の傷や十分に満たされなかった欲求などをインナーチャイルドと読んだりしますが、このインナーチャイルドを癒すと、

「自分は存在するだけで価値がある」

「自分は自分のままで良い」

というように、ありのままの自分を認めることができるようになります。

すると心がとても安心感で満たされて、

「周りの評価を気にして頑張らなくても、今のままで十分自分は価値があるのだ」

と思えるようになります。

心の状態がとっても安定するので、何をするのも自由で楽になれるのです。

私も以前はかなり人からの評価を気にして無理をしていましたが、今は随分楽になりました。

全く気にならないというわけではありませんが、以前と比べると全然違います^^

そこで私がおすすめのインナーチャイルドを癒す方法があるので御紹介したいと思います。

インナーチャイルドを癒すアロマのイメージング

アロマセラピーで使用する精油の香りは、自分の内側と対話するのをとても強力にサポートしてくれます。

そんなアロマの力を借りて、自分の中にあるインナーチャイルドとお話しをしてみませんか?

方法は簡単で、自分が気になる香りの精油を選びます。

そして、その香りをお部屋に香らせたり、スプレーにして自分の周りに吹きかけたりして香りを楽しみながらリラックスしてイメージをします。

寝転んでも良いし椅子に座っても構いません。

私は、夜寝る前だとそのまま寝てしまって最後までイメージできないので(途中で寝てしまっても効果はあるのですが)、昼に少し時間をとって寝ころんでやっています。

楽な恰好で何度か深呼吸を繰り返してリラックスしたら、心の中に小さな自分をイメージします。

そして、その小さな自分に大人の自分がたくさん話しかけたり、頭を撫でたりして、その子がして欲しいことを全部してあげます。たくさんの愛情をその子に向けてたくさんたくさん抱きしめてあげます。

これすごく小さな自分が愛おしく感じられると思いますし、すごく自分の心が落ち着いて安心感に満たされるのが感じられるのではないかと思います。

最後に小さな自分を優しい光で包んであげて、「また会いに来るからね」と言ってにっこりお互いに笑い合ったらイメージ終了です。

良い気分になっていたらバッチリ!!

ここで重要なのは頑張ってイメージしないことです。はっきりとイメージが描けなくても良くて、心地良さが重要なポイントになります。

ですからぼんやりとしたイメージでも良いので、楽しむことが大切です。

使う精油は自分の好きな香りで良いのですが、おすすめの精油があります。

それは、「ジンジャー」

ジンジャーの精油は根っこからとれる精油で、結構強い香りなので苦手な人は苦手かもしれません。

ですが酸素と触れ合うと香りがやわらかくなり深みが出てとても魅力的な香りになるんです!

ジンジャーの香りは、

「今の私で十分価値がある」

という事に気付いて安心感を感じられるようにサポートしてくれます。

香水のベースに使うのもおすすめで、お花や柑橘の香りをプラスすると思いの他素敵な香りになることもあって面白いです。

いくつかの香りをブレンドすると、全く香りのイメージが変わることがあるのもアロマセラピーの魅力の1つなんです^^

作った香水を御紹介したイメージングの時だけではなく、好きな時に使って香りを楽しむと、自分の存在価値を認めていくサポートになります。

イメージは1回きりではなく繰り返し何度もしてみると、行うたびに楽になれると思います。

良かったら試してみて下さいね♪

最後まで読んでいただきありがとうございました。

こちらの記事を読んだあなたにおすすめの記事↓↓

生きづらいと思ったら読んでみて!超簡単で役に立つ心の調整法

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

毎日が劇的に楽しくなる方法がわかる無料メールマガジン
毎日が劇的に楽しくなる方法がわかる無料メールマガジン
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告