体を緩めて肩凝り解消!アロマでリラックス

シェアする

肩凝りや首の凝りで悩まされている人って本当に多いですよね。

中にはあまりに肩がカチカチで、触ってもその触れた感覚がよく分からないという人もいらっしゃいます。

117810

スポーツをしている人は、ほどよく体を動かし筋肉もほぐれていて血行も良いので、肩凝りに悩んでいる人はやはり少ないようですが、毎日スポーツと言ってもなかなか難しいですよね。

そんな時はアロマの香りでリラックスし、体を少し緩めてみるのがおススメです!!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

何故肩凝りは起こるの?

筋肉が疲労すると、乳酸という疲労物質が生じます。乳酸は老廃物なので、通常血流にのって運ばれ代謝され、最終的に体の外に排泄されます。しかし、筋肉の緊張が続き、筋肉が収縮した状態であると、血行の悪くなるので酸素やエネルギーの供給も少なくなり、乳酸の排泄もスムーズにはいかず体に蓄積してしまうので痛みや疲労の原因となってしまいます。

筋肉の緊張の要因は?

・長時間のデスクワークなどで、同一の体勢が続く

・視力の低下により、ものを見る時に体に力が入る

・精神的なストレスにより体に力が入る

・体調不良や何らかの原因で痛みなどの苦痛な症状があることで体に力が入る

・細かい手仕事などにより体に力が入る

ざっと上記のような要因があげられます。

また、急で激しい運動をした場合にも筋肉へ酸素やエネルギーが不足し、筋肉疲労へと繋がります。

体の凝りに強いマッサージは逆効果!

体が凝っている時にマッサージしてもらうと気持ちが良いですよね☆

気もちが良いのでついつい強くマッサージしてほしくなるし、人に肩もみなどする時も以前は強くした方が気持ちが良いのだと思って、強めのマッサージをしていました。

ですが、強いマッサージはかえって凝りを悪化させるのです!

私は、以前はマッサージは相手が気持ち良くなるように少し強めにした方が効果的と思い込んでいて、マッサージをするとみなさん「あんた上手やなぁ」などと言って下さるので完全に自分はマッサージじゃ上手なのだと勘違いしていました。

もと職場の上司も肩凝りがひどかったので、マッサージしたことがありましたが、あまり触っている感覚が感じないくらいに凝っている言うし、首や肩がとても硬かったので、強く強くマッサージしてしまっていました。

でも、筋肉がただでさえ緊張して収縮して、血行不良も起きているというのにさらに強い圧を加えて刺激してしまえば筋肉組織も痛めてしまってかえって凝りを悪化させてしまうのです。

凝りを楽にするためにマッサージを受けるはずが、逆に肩凝りを悪化させて悪循環になってしまうのは残念なことですよね。一時的には気持ち良いかもしれませんが・・・。

体の凝りをほぐすなら筋肉を緩めるのが正解!

凝りは、筋肉が長時間緊張状態になって筋肉が収縮している状態なので、それを改善する為には心身をリラックスさせて体を緩めることがとても有効です☆

494519

そこでおすすめなのが、アロマテラピー。

心と体の緊張を緩めて筋肉をほぐすのは精油の得意分野だと思います!

先日私の母が、首が回らないと言うので、肩と首のあたりを触ってみるとカチカチでした・・・。

母はもともととても緊張しやすく、日常生活の中でも常に肩に力が入っていていろいろな人に肩の力抜いて下さいねと声をかけられています。

その為、首から肩にかけてアロマトリートメントを提案したところ、受けたいと希望があり実施することにしました☆

この時私が選択したのは、スイートアーモンドオイルにラベンダー、マジョラム、ペパーミントをごく少量プラスしてトリートメントオイルをつくりました。

これらの精油を選んだ理由は、ラベンダー、マジョラムともに心身を深いリラックスへと促してくれる作用があり、筋肉をほぐして血行をほぐし、痛みを緩和してくれる作用があります。

ペパーミントも痛みを緩和してくれる作用があり、私もよく頭痛の時にお世話になります。

ペパーミントは血圧を上げる作用もあるので、血圧の高い人に使用する場合注意が必要ですが、ごく少量であればリラックスさせる作用があります。

そして重要なのが香りの好み。

もともと母は、ラベンダーとマジョラムの香りがとても好きなので、香りの好みも重要視しました。苦手な香りだと、いくらリラックスさせる作用があるからと言っても本当にはリラックスできないです。

ラベンダーの他にも筋肉を緩めて血行を良くしてくれる作用や、リラックス効果が期待できる精油はいろいろとあるので、香りの好みと合わせて選択するのが良いと思います。

実際母親の首と肩を触ってみると、右の後頭部の髪の生え際辺りから首の間に小さな範囲ですが、プチプチとした老廃物の存在を感じます。本当は全身トリートメントをして流した方が良いと思いますは、全身は母も抵抗がありますし、様々な理由によりうつ伏せが難しかったので、本人の希望する体位(横向きに寝る)でトリートメントを行います。

本人が抵抗のある体位ではリラックスできないですものね・・・

アロマの学校で教えてもらった手技や手順をベースに、臨機応変に応用していきます。

いつもハンドトリートメントや足のトリートメントはよくするのですが、生まれて初めて首から肩にかけてのトリートメントということなので、少々緊張するようです。

最初はどんな感じか体験して知ってもらうようにしました。5分ほど触っていると、少しずつ体の緊張が緩んでくるのが分かります。「へぇ~ 気持ち良いもんやねぇ」と言い、気に入ったようで、それ以後もトリートメントを希望してくれました☆

しばらく続けてみると、少しづつ首が回るようになり随分楽になったようです。

首と肩のトリートメントに慣れてきたところで、仰向けになって行うデコルテのトリートメントを提案してみました。

イメージがつかず少し抵抗があったようですが、何度かのトリートメントで心地良さは実感しているようなので、受けてみるとのことです。

どのようにするのか分からないと不安で緊張してしまうので、露出は最小限でできること仰向けで寝ているだけで良いことなど、具体的に方法伝えました。

仰向けで首や肩をどうやってトリートメントするのかなかなかイメージつきにくいようですが、露出は最小限で仰向けで寝ているだけで良いということが分かったので、それほど緊張している様子ではありませんでした。

デコルテのトリートメントを行うと、これまで横向きに寝てしていたトリートメントとはまるで違った心地良さを感じたようで、「早くやってもらえば良かったぁ~。やみつきやわ。」と喜んでくれました。トリートメントなので、ほとんどの手技は撫で擦るの方法でしたが温かい手でほどよいスピードで撫で擦ることで安心感が得られたと言います。

自分自身が人からトリートメントを受ける場合もそうですが、どのような方法でトリートメントしてもらうのかがイメージ出来ない状態というのはやはり不安だと思います。

その為、相手がちょっと不安な様子であれば無理に進めず、安心して受けられる方法で臨機応変にトリートメント行い、まずは安心して受けられること、触れることの心地良さを感じてもらうことが大切だなと思いました☆

体の凝りには、体を緩めるということがとても大切です。

しかし、肩や背中の凝りが実は胃の不調など、何らかの疾患が原因で肩凝り首の凝り背中の凝りといった症状として表れている場合もあるので、あまりに不調が続く場合や普段の凝りとはなんか違うなと違和感を覚えるような場合には無理にアロマでなんとかしようとはせず、受診して適切な治療を受けることが重要です!

上手にアロマを取り入れて、元気に過ごしたいですね☆

読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

毎日が劇的に楽しくなる方法がわかる無料メールマガジン
毎日が劇的に楽しくなる方法がわかる無料メールマガジン
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告