勉強に集中できないあなたの悩みが即効解決?!香りのチカラ使ってみよう!

シェアする

勉強時間はそれなりにあるのに、なぜか勉強がはかどらない・・・

気が付いたら大した勉強はできていないのに、時間だけが過ぎていた。

あなたはそんなお悩みをお持ちですか?

このような日々が続くと、だんだん焦ってくるし、イライラしてくることもありますよね。

私も、高校とかの受験勉強はそうでもなかったのですが、アロマテラピーの勉強がなかなか進まず困ったことがありました。

アロマは好きなんですよ。

でも、試験となると、難しい科学的な内容とかもいっぱいあって、覚えられないんです。

もともと歴史は苦手でしたから、アロマの歴史も今一つ覚えられなくて(^-^;

看護師の常勤を退職していた時期だったので、それなりに勉強時間はあったのです。

ところが、いざ部屋で参考書を開くと、なぜか他のことが気になって、いつの間にか違うことをしていたり。

その当時アロマの試験までには、もう1カ月もないにも関わらず、ほとんど知識を吸収できていない状態でした。

どうにか勉強に集中できないかなと考えたところ思いついたのが、香りのチカラ!

ある簡単なことをして、環境を少し整えて、香りを上手く用いることにより、勉強の効率が劇的にアップし、試験にも無事に合格できました。

この記事では、私が実際にしていた香りの使い方をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

勉強に集中できる香りと使い方を教えます!

香りのチカラでそんな簡単に勉強に集中できるの?と思う人もいらっしゃるかもしれません。

ですが、嗅覚からの脳への刺激はダイレクト。

そのため、香りのチカラを使うのは非常に有効なのです!

用いる香りは、アロマテラピーで使う精油です。

アロマと言えばリラクゼーションを思い浮かべる人も多いかもしれませんが、精油には、集中力や記憶力を高めるのに役立つものもいくつかあります。

その香りの作用を上手に活用していくことで、勉強への集中力を高めることができ、記憶の定着も強力にサポートしてくれるのです。

私がよく使っていたのは、レモン&ペパーミントあるいは、レモン&ローズマリー。

ペパーミントとローズマリーは香りも刺激も強いので、ごくごく少量です。

これらの精油をテッシュに垂らして、香りを数回吸い込んでから机の上に置いておいたり、アロマライトやアロマディフューザーで香りを室内広げたりして用いていました。

時間がある時は、アロマライトやディフューザーなどを使ってみると、雰囲気も出て良くなるのですが、テッシュに精油を垂らして香りを嗅ぐだけでもかなり有効だと感じています。

まず、香りをしっかり嗅ぐと、スキッと気分が変わります。

勉強のスイッチが入りますね^^

あらかじめ精油をブレンドして香水をつくっておくと、いつでもどこでもシュッと使えるので便利です。

記憶は香りと結びつけてインプット!

あと、知識を記憶する時、何か他のものと結び付けると覚えやすいと感じたことはありませんか?

語呂合わせとよくしますよね。

その結びつける「何か」を香りにするのがおすすめなんです。

特定の香りを嗅ぎながら勉強すると、記憶の中枢が活性化され、記憶が定着しやすくなります。

ちなみに、勉強は一夜漬けにするより、しっかり睡眠をとった方が記憶が脳に定着しやすいことはよく言われているかと思います。

実際私も、高校時代に一夜漬けしようとしたことがありますが、その時に勉強したことより、寝る前の10分間集中して勉強したことの方がしっかり記憶できていると感じていました。

時間を決めて、香りとともに勉強し、しっかり睡眠をとるというのを大切にしています。

勉強に集中できないのはその環境のせいかも?

勉強を集中して行うのに香りのチカラは有効であることは述べました。

ですが、勉強の環境が最悪だと、やはり香りの効果の半減です。

なので、香りの効果を最大限に引き出すためにも、勉強に集中できる環境を用意することは大切ですね。

私の場合は、自分の部屋にはいろいろと興味を引くものがたくさんありました。

ですから、勉強する時は、勉強に必要なもの以外が目に入らないように、片付けておくようにしました。

また、落ち着けるカフェに行ったり。

テレビやスマホはついつい意識がそれてしまい、そのまま勉強をやめてだらだらとスマホをいじったりしてしまいます。

ですから、近くには置きません。

あと、勉強時間を長くとると、時間があるから大丈夫というような感じになってしまうので、朝15分と夜寝る前30分などと、区切ってするようにしました。

この時間は勉強に集中すると決めてしまうんですね。

「やると決める」

これはシンプルなことだけど、めちゃくちゃ重要です。

脳が切り替わってくれますから。

室内の温度とかも結構大事だと思います。

私の場合、寒い季節は怠の中で勉強していましたが、たいてい気持ち良くなって眠くなります(^-^;

勉強時間を長くとる場合には、間で5分くらいの休憩をとって、飴とかチョコレートを1つとかご褒美をつくっていました。

これが結構楽しみで、気分もリフレッシュできて、また勉強に集中できます。

それど、何をどこまで勉強するかを決めておくことも大事ですね。

これはきっちりではなく、ある程度余裕をもって勉強する範囲を決めておくと良いかと思います。

決めていないとだらだらといつまでするの?という状態になりますし、カチッと決めすぎると、時間が足りなくてもそこまでしなければというような感じになって、勉強が儀式的にもなりかねません。

「香り」と「環境」と「心のセット」これを上手くしていくことで、勉強の効率は劇的にアップするはずです。

まとめ

いかがでしたか?

勉強に集中して、効率を上げていくヒントは得られたでしょうか?

この記事でお伝えしたことをまとめておきますと、

1、勉強する時間と勉強する範囲を決める。今から勉強する、と決める。

2、気が散りそうなものを遠ざける。リラックスし過ぎない環境に身をおく。

3、香りで集中力を高め、香りとともに記憶する。

この3点をお伝えしました。

上記のことを参考に、勉強に取り組んでみて下さいね^^

参考になれば幸いです。

読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

毎日が劇的に楽しくなる方法がわかる無料メールマガジン
毎日が劇的に楽しくなる方法がわかる無料メールマガジン
うつ病の家族との適切な関わり方がわかり、安心して過ごせるようになるメルマガ
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告